骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨を構成している組織の密度(骨密度)が低下し、粗くすかすかになり、

もろく折れやすくなった状態です

 

 

骨は皮膚と同じように新陳代謝を繰り返しています。

 

通常は骨を破壊する細胞である「破骨細胞」と破壊された骨を再生する細胞「骨芽細胞」

 

の骨吸収と骨形成のバランスがとれている為、強くしなやかな骨が保たれています。

 

 

骨粗鬆症はこのバランスが崩れ、破骨細胞が優位に働き、骨密度が低下することで

 

起こります。

 

 

骨粗鬆症では、多くの場合、無症状で骨折、あるいは骨がつぶれる圧迫骨折を起こして、

 

始めて気づくことがほとんどです。

 

 

骨粗鬆症で最も骨折しやすい部位は、大腿骨頚部(足の付け根)、脊椎(背骨)、手首の骨です。

 

ちょっとしたことで骨折してしまうこともあり、特に高齢者の場合は骨折が原因で

 

そのまま寝たきりになってしまうケースもあります。

 

 

骨吸収と骨形成のバランスが崩れる要因として、女性ホルモンが深く関わっています。

 

女性ホルモンは骨量と密接にかかわっており、減少することで骨量が減少します。

 

その為、閉経後の女性の発症率が高くなっています。

 

 

他の要因としては、偏食や極端なダイエット、喫煙や飲酒、日常での運動習慣など、

 

多くは生活習慣に関係しています。

 

その為、最近では若い女性でも見られるようになりました。

 

 

骨粗鬆症は徐々に進行し、気づいたときには腰が曲がったり、また 転倒すると骨折など、深刻な状態になります。

 

こうなる前に、適切な治療をすることが大切です。

 

 

骨粗鬆症の治療には基本的に

 

①食事療法(骨に必要な栄養の摂取)

 

②運動療法(骨を強くする運動)

 

この2つを行っていきます。

 

 

また、基本の①、②と並行して薬物療法(カルシウム製剤や骨粗鬆症治療薬の摂取)を

取り入れる時もあります。

 

 

①食事療法

・カルシウム、ビタミンD、マグネシウムを多く含む食品、野菜や果物を摂るようにする。

 

・リンや塩分の摂取を控える

 

→カルシウムとリンは、血液中で一定のバランス保っており、片方が増えると片方が減るという、相関関係にあるため。

 

→ナトリウム(塩分)の取りすぎはカルシウムの吸収率を下げるため。

 

 

②運動療法

 

骨の維持形成には、骨に適度な圧力が加わることが重要で、運動によってそれが満たせるため。

 

激しい運動である必要はなく、楽しんで継続できるものであれば何でも構いません。

 

 

予防においても対処法は治療と同様に上記の方法をとります。

 

また、軽度で構わないので腹筋、背筋などを鍛える筋力トレーニングを取り入れると

 

さらに予防につながります。

 

 

骨粗鬆症は早期に発見して早期に治療を受ければ進行を和らげることが出来る病気です。

 

また、そうならないためにも日頃からの予防は大切ですね。

 

 

日常生活における運動方法、注意点や食事内容、住まいの工夫などを教えてもらえる専門家へご相談してください。

 

 

 

骨密度、骨粗鬆症の予防、運動方法に不安のある方は

 

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

 

 

南巽駅 から 徒歩1分

 

小川 鍼灸 整骨院 へご相談ください!

 

06-6755-6751

 

 

参考文献

伊藤達雄:これだけは知っておきたい肩・腰・ひざの痛み.日本放送出版協会,2002,159p

 

 

 

 

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分