テスト:症状ページ

腰の重くだるい痛み

20代から老年期まで様々な年代に腰痛はやってきます。その痛みの原因について、明確にはなっていません。しかし、構造的に考えられるのは椎間板や椎間関節がすり減ってきて痛みを感じるということです。この関節の痛みは、筋肉を緊張させて重い・だるい痛みにつながります。筋肉の血流を改善させることで、重い・だるい痛みは解消されるのです。当院では筋膜治療や鍼灸治療・整体治療・痛みのカウンセリングでこれらの痛みを治療していきます。カウンセリングがなぜ必要なのかはここをご参照ください。

腰に関する主な疾患名

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

症状:腰足が痛くて歩けない

中高年ぐらいになると、背骨の変形が強くなり脊柱管を圧迫してしまうことがあります。そのことを腰部脊柱管狭窄症といいます。

腰椎症(ようついしょう)

症状:腰の骨が変形した痛み

腰椎は、年齢を重ねるうちに徐々に変形していきます。腰椎の変形によって生じた腰痛を腰椎症といいます。

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)

症状:腰が痛く足がしびれる

椎間板は繊維輪と髄核で出来ていて、髄核が卵の黄身のように繊維を破って外に出てきます。それが、神経を圧迫して症状が出てきます。

急性腰痛症【ぎっくり腰】(きゅうせいようつうしょう)

症状:腰が痛く歩くことも困難

ぎっくり腰とは、重い物を持ったり、体をねじったり、顔を洗おうとして腰をかがめたりした時に、急に腰に痛みを覚え動けなくなることを言います。

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

症状:下半身に痛みやしびれ

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)

症状:物を持ち上げる時に痛みが現れる

肋間神経痛とは、肋骨に沿って走る神経が何らかの原因で痛む症状のことです。その原因は不明なものが多く、あくまで症状であり、病名ではありません。

治療

治療では症状によって様々ですが、マッサージ、干渉波、鍼灸治療、超音波治療器などで、鎮痛を行います。痛みが強い時期には、安静を心がけ、コルセットをつけたりします。マッサージや電気治療では特に筋緊張が原因となる症状に効果的です。神経や骨の異常で坐骨神経痛が起こっている場合でも周りの筋肉は緊張するため、マッサージや電気治療は効果的です。 鍼灸治療や超音波治療では特に鎮痛作用が強く、傷んでいる筋肉や神経の走行に沿って行います。

治療は痛い時に続けて行うことで早く治りやすいので、続けて治療していただくことをオススメしています。

患者様の声

腰が軽くなりました

腰痛 女性

腰痛 女性 主婦 大阪市平野区
妊娠中に腰痛になりました。出産後も腰が抜けるような痛みは続きました。私は、きっと骨盤がゆがんでズレている、放っておくと立てなくなくなると心配になって小川先生のところへ行きました。先生は骨の模型を使って、「痛みの原因は椎間板にある」「動いても骨盤はズレない」ということを詳しく説明してくれました。1回目の治療を受けた後には腰が軽くなり、何より「もう大丈夫だ!」と思えるようになりました。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分