スポーツによる痛み(上肢)

スポーツによる痛み(上肢)に関する主な疾患名

肩関節の痛み(野球・水泳・バレーボールなど)(けんかんせつのいたみ)

病態:肩関節は肩甲骨と上腕骨の連結部分です。この連結をしっかりと止めるための筋肉として腱板があります。この腱板は4つの筋肉から構成されます。そのうちに一つに棘上筋があります。棘上筋はトンネルの中を出入りするような環境で働くのでそこで炎症が起こりやすいです。野球の投球動作に代表されるような大きく方を動かす動きによって痛みが出現します。

症状:肩関節は十分に動きますが、ある一定の角度でズキッっと鋭い痛みを感じます。

肘関節の痛み(野球・テニス・ゴルフ)(ちゅうかんせつのいたみ)

病態:指を伸ばす筋肉や手首を手の甲側に伸ばす筋肉は肘関節の外側(上腕骨外側上顆)に付いています。スポーツで手首を繰り返し使う動作よってこの部分に付いている上記の筋肉の付着部に負担がかかり炎症が起こります。野球などの投球動作では肘の内側に痛みを感じることが多いです。

症状:何気ない手を使う作業や手首を固める動作(重たいものを持ち上げるなど)で肘関節の外側に鋭い痛みを感じます。重症例では腕の外側の筋肉(野球肘では内側の筋肉)に鈍痛を感じます。

上記以外のスポーツ障害

その他、スポーツによる痛みは、関節への負担や筋肉の付着部の炎症、筋肉の疲労などがいたるところに生じます。過去に痛めたところが慢性的に痛んでくるということもあります。多くの症状は、日常生活に支障はないけれどもスポーツ時には痛みを感じて体をうまく使えないということです。

治療

当院での主な治療は筋膜治療・鍼灸治療・整体治療・痛みのカウンセリング・テーピング治療です。必要であれば提携整形外科へ紹介し、レントゲンやMRI検査も行います。患者様の痛みをスポーツ医学の観点から診立てて、フォームや筋力のバランスの改善なども治療の一環として行います。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分