腰痛

腰に関する主な疾患名

腰椎椎間板症(ようついついかんばんしょう)

病態:椎間板とは骨と骨の間にある軟骨のことです。常に重力の負荷にさらされていますので、若いうちから変性が始まり、それが原因で痛みがでることがあります。

症状:動き始めに痛みを感じることがあり、特に前屈動作で痛みます。痛みは腰やおしり、時には太もものほうまでだるい痛みを感じます。

急性腰痛症【ぎっくり腰】(きゅうせいようつうしょう)

病態:原因はよくわかっていません。椎間関節という関節に軟部組織が挟まって痛みが出るとか、筋肉を包む筋膜という組織が癒着して痛みが出るとかいわれています。

症状:動き始めの急激な痛みが特徴です。立てなくなるほどの痛みを感じます。おしりや太ももへの痛みは通常ありません。

椎間板ヘルニア(つかんばんへるにあ)

病態:椎間板はバームクーヘンのような構造をしており、真ん中には髄核という流動性の組織があります。バームクーヘンに相当するのは繊維輪と呼ばれる組織です。繊維輪は経年劣化のために放射状に亀裂が入り、その亀裂を伝って髄核が外に飛び出てしまいます。この飛び出した状態のことをヘルニアといいます。 

症状:飛び出た髄核は下肢へ行く神経を圧迫しますので、おしりから太ももにかけて神経痛が出現します。この神経痛がいわゆる坐骨神経痛です。

腰椎分離症(よつういぶんりしょう)

病態:15歳ぐらいまでの間に発症します。激しいスポーツ活動の中で、腰骨の一部(上関節突起と椎弓の間)が疲労骨折を起こして離れてしまう状態です。

症状:特徴的なのは腰を回旋させた時の痛みです。その他は様々な腰の痛みが現れます。

変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)

病態:上の腰骨と下の腰骨は椎間板と左右の椎間関節で連結しています。椎間板が変性してくる(へしゃげてくる)と、左右の椎間関節にもひずみがきます。関節は変性するとぐらつきが生じて、それを防ぐために周辺が増殖してしまいます。この増えた部分を骨棘(こつきょく)といいます。レントゲンではこの骨棘の状態から変形の程度を判断します。腰痛の原因が何なのかは明確になっていませんが、椎間板と椎間関節の変性が痛みと大きく関係していると基本的に考えられます。

症状:特徴的な痛みは動き始めに鋭い痛みがあり、動いているうちに痛みが小さくなることです。また同じ姿勢を続けることで重くだるい痛みを感じることがあります。骨棘が坐骨神経を圧迫すると、坐骨神経痛が出現します。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

病態:一つひとつの腰椎には、脊柱管という脊髄が通る空間があります。何らかの理由でこの空間が小さくなって中を通っている神経(脊髄の終りの方)が圧迫された状態が腰部脊柱管狭窄症です。

症状:脊髄の終りの方を馬尾神経といいますが、この部分が圧迫を受けると、足へ行く神経と膀胱と直腸へ行く神経が障害を受けます。足へ行く神経が障害されると、長い距離を歩けなくなります(間欠性跛行)。また乏尿や頻尿・便秘になることがあります。もちろん、これに加えて腰痛や坐骨神経痛が現れる事もあります。

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

病態:脊髄から枝分かれした神経が脊椎の変形によって圧迫されることによって生じる神経痛。

症状:おしりから太もも、ふくらはぎの外側に重くだるい痛みを感じます。痛みは時に激烈な痛みとして感じることもあります。

圧迫骨折(あっぱくこっせつ)

病態:骨粗しょう症を患う人が、転倒した際に尻もちをつくようにおしりを強打すると、その衝撃が11番目・12番目の胸椎や1・2番目の腰痛に伝わり、それらの背骨がつぶれてしまいます。これが圧迫骨折です。

症状:尻もちをつくようなかたちの転倒の後に、腰に激しい痛みを感じます。痛みは動き始めの痛み、歩行時はもちろんどのような姿勢でも痛みを感じます。最近は「いつのまにか骨折」といわれるように、転倒がなくとも徐々に圧迫骨折が進む場合もあります。この場合、大きな痛みはありません。

上記以外の腰痛

病態:内臓疾患の痛みが腰や背中に出てくることがあります。

症状:痛みは動きに関係なく起こり、安静時にも痛みを感じます。このような場合は精密検査が必要になります。

治療

筋肉や圧迫されている神経の血流を改善させることで、重い・だるい痛みは解消されます。当院では筋膜治療や鍼灸治療・整体治療で神経や筋肉の血流を改善させてこれらの痛みを治療していきます。また痛みのカウンセリングは、自分の痛みについて正しく理解することで不安や緊張が解きほぐされて、精神的な安寧が得られます。このことによって筋肉の緊張も軽減します。精密検査が必要な場合は整形外科を紹介致します。

患者様の声

腰の痛みがかなり小さくなっています

腰痛 男性Iさん男性(51歳)
長時間の立ち仕事なのでいつも腰に痛みを感じていました。仕事中に腰から背中の筋肉が硬直してきて動けなくなることがよくありました。しかし、小川鍼灸整骨院で治療を受けるようになってからはその痛みがかなり小さくなっています。

院長からのひとこと
症例1:Iさんは長時間の立ち仕事や重たい品物を運んだりすることで、腰に痛みを感じています。背中の筋肉の筋肉の血流を整え、また脊柱が硬くなるのを防ぐために筋膜治療と整体を受けておられます。阪神タイガースの大ファンでして、治療中にはタイガースのお話で盛り上がります。治療者としてこんなこと言うのも変ですが、Iさんとの治療中の会話の中では治療者である私自身が癒されることが多々あります。 

今は痛みも少なく太ももに力も入るようになりました

腰痛 男性

Jさん男性(54歳)
以前より腰痛はありましたが太ももに痛みが出たり力が入らなくなったのは初めてです。整形外科を受診してレントゲン検査やMRI検査もしましたが、脊柱管が狭くなっていると指摘されるだけで特に何も解決方法はないようでした。でも、小川先生は脊柱管が狭くても大丈夫と説明してくれました。今は痛みも少なく太ももに力も入るようになりました。

院長からのひとこと
症例2:音楽家のJさんです。長時間のパソコン仕事で腰痛を感じたためにインターネットで当院を検索されて来院されました。 整形外科でMRI検査を行ったところ、脊柱管が狭くなっていることを指摘されましたが手術する程ではないとして具体的な治療方法を示してもらえませんでした。右の太ももの太さが最大2センチも細くなって力も入らずもちろん痛みもありました。筋膜治療と整体治療で背中の関節の動く範囲を大きくして、神経と筋肉の血流を改善させることで、痛みも小さくなり力も入るようになりました。できなかった階段の2段飛ばしもできる様になりました。

いつも助かっています

腰痛 男性

Nさん男性(30歳)
何年かに1回はぎっくり腰になります。そのたびに小川先生にみてもらっています。またあの痛みに悩まされるのかと思うといつも気が滅入ってしまいます。でも小川先生に数回治療をしてもらうことで楽になるのでいつも助かっています。

院長からのひとこと
症例3:N君は重たい品物を扱う仕事についているためによく腰痛になります。前回通院されたのはカルテによると2年前でした。N君はもう10年以上もこのペースで通院してくれています。久しぶりのご来院の際には「ほんまお互い歳とったな~」とお決まりの会話を楽しみます。彼の腰痛はききわけがよく、調子が悪くなるとすぐにやってきてくれています。治療はもちろん、筋膜治療と整体治療で神経と筋肉の血流を改善させることです。

先生の説明を聞いて安心しました

腰痛 女性

Oさん女性(32歳)
ひどい腰痛を感じたので整形外科を受診したところ、椎間板ヘルニアと診断されて手術が必要になるかもしれないと言われました。手術は避けたいので父親の紹介で小川先生の治療を受けました。私は、「手術しなくてもヘルニアがなくなる」という先生の説明を聞いて安心しました。先生が言うとおり腰の痛みと足の痛みは少しずつとれていきました。今でも時々痛みが出ますがなんとかやりこなせています。

院長からのひとこと
症例4:Oさんは大手デパートに勤務されています。突然の腰痛と坐骨神経痛のために当院を受療されました。最初の私の診立てでは回復までに2か月かかると思われましたが、筋膜治療によって2週間で症状が軽減しました。Oさんとはよく気が合うのか、治療中でもついつい話し込んでしまいます。もちろん、会話を通して患者さんについて深く理解することも治療の技術として大切なことなのです(笑)。Oさんに限らずみなさんと楽しく会話を交わしながら治療をさせて頂いております。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分