論文紹介:腰痛予防体操について【ストレッチ 予防 平野区 生野区 小川鍼灸整骨院】

はじめに

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今回は、「某企業における腰痛予防体操の導入」という文献を紹介いたします。

腰痛でお悩みの方に役立つ情報が提供できたらと思います。

 

内容

腰痛の既往又は現在腰痛がある方を対象に、

腰椎伸展運動を中心としたストレッチ体操を、

腰痛予防体操として6カ月経過時の体操の効果について検討した論文です。

 

研究は工作機械の製造を行っている間接部門80名、現業部門96名を対象に行われました。

ストレッチ体操を作業前体操として導入し6カ月後に再びアンケートを実施しています。

 

研究の結果をピックアップして以下に記します。

 

 

体操導入前の腰痛状況①既往歴②休業歴③現在あり

間接部門(%):①67.5②26.3③27.5

現業部門(%):①57.3②29.9③27.4

 

 

実施6カ月間に

新たに腰痛を発症した者(発症)

治療を受けたもの(治療)

腰痛が理由で休業した者(休業)

6カ月後の現在腰痛のある者(現症)の割合は

 

間接部門(%):①18.9②2.5③1.3④22.5

現業部門(%):①26.0②12.5③9.4④32.3

 

 

体操回数と腰痛における関係は

①体操(週)

②現在腰痛のある者(現症)

③新たに腰痛を発症した者(発症)

 

間接部門(%):

①3回未満②22.8③22.8

①3回以上②21.7③8.7

 

現業部門(%):

①3回未満②38.1③38.1

①3回以上②30.7③22.7

 

 

結果:

●体操を週3回以上実施すると新たな腰痛の発症(発症)は週3回未
満に比べて間接部門で約3分の1、
部門で約6割に減少。

結果から、腰痛予防体操は週3回以上実施すると効果が期待できる。

 

まとめ:

●間接部門は現業部門と比較して、腰痛の既往が多く、休業歴は少ない。

●間接部門は現業部門と比較して、腰痛の罹病率はほぼ同じである。

●この体操を週3回以上実施すると新たな腰痛の発生予防に効果が期待される。

 

腰痛体操

 

 

おわりに

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

06-6755-6751

 

参考文献

1)舟橋 敦(他):某企業における腰痛予防体操の導入.日本腰痛会誌.vol.2.No1,p62-66,1996 .

https://www.jstage.jst.go.jp/article/yotsu1995/2/1/2_1_62/_pdf/-char/ja

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分