生活から腰痛改善[ヘルニア 脊柱管狭窄症 慢性腰痛 小川鍼灸整骨院]

はじめに

小川鍼灸整骨院のブログです。

腰痛は一生のうちで多くの人が経験する痛みです。

 

腰痛は、原因の分かる特異的腰痛(椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症など)と原因の良く分からない非特異的腰痛があります。

非特異的腰痛は腰痛の中で85%と大多数を占めており、いわゆる腰痛症と言われています。

 

腰痛症の発生には加齢に伴う骨や椎間板の変性、日常的な腰椎や筋肉への負担が関与しています。

 

腰痛治療、特に腰痛症では施術による痛みの軽減だけでは不十分で、身体機能の回復と維持が重要です。

そして、そのためには生活の仕方や日常生活の中で、腰痛の予防・改善について知ることが大切です。

特異的腰痛に関してはまず治療がベースになりますが、やはり生活における改善は重要です。

 

生活を見なおそう

腰痛治療では過剰な安静はさけ、できる範囲で日常生活を続ける方が、安静にしているよりも治りが早いことが分かっています。

経過にあわせて、活動量を戻し、日々の生活を少し見直してみましょう。

 

たち方:

バランスの取れた姿勢は重心線が耳・肩・股関節・膝後方・外くるぶしを通ります。

あごを軽く引き、肩の力を抜いて、軽くおへそに力を入れておなかを引っ込め、

おしりを締めて立ちます。

重量物の上げ方:

体の前で物を持つ時は出来るだけ体に付けて持つことで、腰への付加を減らすことが出来ます。

また、下から物を持ち上げるときの姿勢は腰を折って取りに行くと負荷が大きくなる為控えたほうがよい姿勢です。

膝を折ってから物を持ち、立ち上がることが腰痛予防には重要です。

加えて、体の方向を変えるときには腰だけで回るのではなく、体全体の向きを変えることが重要です。

 

座り方:

長時間座っている姿勢で痛みが強くなる場合は、いわゆる良い姿勢を意識的に維持することが効果的です。また、可能であれば伸びや立ち上がって屈伸などをするとより効果的です。

 

寝方・起き上がり方:

痛みが強い時は横向きで、股関節と膝関節を少し曲げて寝ると楽になります。
ベットなどから起きあがる時は直接前から起きあがると腰痛が強くなる事があるので、注意が必要です。
いったん横向きになって膝から下をベットサイドに下ろし、手をついて起き上がることで負担を減らしてきあがることが出来ます。

おわりに

生活の見直しは腰痛治療において重要です。なるべく負担を減らし、

気になったら、信頼できる先生に診てもらいましょう。

また、様々な文献を集めより根拠ある情報が記載してある腰痛治療のガイドラインである腰痛診療ガイドライン 2012によれば、腰痛治療で効果的なものは

運動療法・認知行動療法・活動性の維持があります。

 

認知行動療法に基づいた治療を当院は得意としておりますので、どうぞご相談下さい。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

06-6755-6751

 

[参考文献] 

1)菊地 臣一:腰痛のナゼとナゾ―“治らない”を考えるメディカルトリビューン2011

 

2)大川 淳:胸腰椎・仙椎.最新整形外科学大系,第12巻.5章治療.中川書店,p.100-103,1999

 

3)日本整形外科学会診療ガイドライン.腰痛診療ガイ ドライン,南江堂,2012
https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0021/G0000533/0001
(2019年2月閲覧)

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分