立ち仕事の腰痛患者さんの改善例【大阪 平野区 生野区 脊柱管狭窄症 腰痛 筋膜リリース 整体】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は立ち仕事で長引いている腰痛が改善した患者さん(ペインスケールは10→5)について報告させて頂きます。

 

 

 

 

内容につきましては、お話しの基本的な構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを個人が特定できないように加工しています。

 

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南西、平野区生野区の境目、加美北地区にある鍼灸整骨院です。鍼灸・筋膜リリース整体と同時に認知行動療法を施術に応用していています。

 

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

 

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

 

新型コロナウイルス対応中です。喚起とマスク装着はもちろん、消毒を徹底的に行なっております。当院は予約制ですので混雑もありません。「3つの密」に対する対策をしっかりと行なっております。

http://www.korikori.com/blog/covid-19-info/

 

 

事例

 

 

 

 

Fさん:60歳 男性 職業:倉庫管理

 

 

主訴:腰痛・右下肢痛

 

 

初めての腰痛は22歳の頃でぎっくり腰だったそうです。その後、数回の腰痛はあったそうですがそんなに気にならない程度でした。

 

 

2~3年前から右下肢に痛みを感じるようになってきたけれども、痛かったり楽になったりを繰り返していたのであまり気にしていなかったそうです。しかし、この数日前から腰痛も感じるようになってきました。

 

 

最近は倉庫管理の仕事中に腰から右下肢にだるい痛みを感じたり、中距離の歩行では休憩しないと歩けないような痛みが出てきたりします。そして休憩するとまた歩けるようになるとのことです。

 

 

こんな状況のなか、昔に整形外科でヘルニアと言われたこともあり不安になって来院されました。

 

 

問診と診立て

 

 

安静時の腰痛はなく、腰椎が変形している時の特徴的な痛みである動き始めの痛みもありません。

 

 

ただ、腰を反らしたときに痛みがあり、右の太ももまで痛みが出ます。腰骨は4番目と5番目を後から強く押すと痛みが感じられました。

 

 

腰骨は少し前にすべっているようにも感じられました。ヘルニアの時によく見られるSLRテストは陰性ですので、坐骨神経が強く刺激されている様子はなさそうです。

 

 

足の感覚は正常ですが、 歩行していると腰から右下肢にしびれを感じるようになってくるとのことです。右の膝蓋腱反射が低下していました。

 

 

腰椎がすべっている可能性も考えられるので、レントゲン検査をFさんに勧めましたが、病院が嫌いであるということから、より痛みが強くなるなら検査をすることになりました。

 

 

上記の所見から、Fさんの症状は腰部脊柱管狭窄症の神経根型と想像できました。

 

 

施術

 

 

筋膜リリース整体を週に 1~2回 5×週間 計7回

 

 

当院の施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

結果

 

 

ペインスケールは10→5になりました。

 

 

 

 

考察

 

 

腰部脊柱管狭窄症は重症度が比較的高い馬尾型、比較的低い神経根型、両方とも混在する混合型という3つのタイプがあります(詳細は近いうちにブログでアップします)。

 

 

どのタイプにおいても、膀胱直腸障害と呼ばれる排便・排尿障害があれば手術が必要になりますが、多くの患者さんはまだそこまでは重症化していません。

 

 

Fさんの場合もそうでしたが、特に特徴的な所見がありました。それは大腿四頭筋の緊張です。Fさんは長距離の歩行や腰を伸ばしたときに右下肢にしびれを感じて、休憩すると楽になると話していました。

 

 

このことは、立ち仕事や長距離歩行で大腿四頭筋が緊張することで骨盤が前に傾き、それによって反り腰が強くなり、そのために脊柱管が狭くなったと考えられます。

 

 

Fさんへの施術は腰の重くだるい痛みを楽にするために筋膜リリースと整体を行ないましたが、

 

 

特に3回目には大腿四頭筋の筋膜をゆるめて更にストレッチをかけて骨盤の前への傾きを調整するようにしました。すると、4回目からの痛みは7まで下がりました。

 

 

大腿四頭筋が緊張すると、骨盤が前に傾くような力が働きます。骨盤が前に傾くと、腰は反り腰になります。この反り腰の形は馬尾神経が通っている脊柱管を狭くしてしまいます。

 

 

その反対に大腿四頭筋をゆるめて反り腰を小さくすることで脊柱管が広がります。その結果Fさんの下肢の症状は軽減したと考えられます。

 

 

下の図をご参照ください。

 

 

 

 

その後の痛みは5までさがりましたが、その理由は症状が落ちつて来たことや、今の症状がヘルニアとは関係ないことが理解できたためと話していました。

 

 

最終的にFさんの腰痛は全くなくなったと言うわけではないとのことですので、ペインスケールは5と評価されました。

 

 

しかしそれほど苦痛ではなくなったということです。それは、この腰痛を自分でコントロールできると思える様になったからと話していました。

 

 

ここにはやはり、ご自身の症状についてしっかりとご理解頂く認知行動療法的なかかわりが効果をあげているのだと思います。

 

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症には鍼治療も効果的です。

以下のブログもご参照ください↓↓↓

腰部脊柱管狭窄症の鍼治療

 

 

おわりに

 

 

https://g.co/kgs/hzsd8b

 

大阪市の平野区生野区界隈で でお悩みの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにあります。

 

 

北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

参考文献

 

 

林 典雄 他):馬尾性間欠跛行に対する運動療法の効果.日本腰痛会誌,13(1) : 165 – 170, 2007.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/yotsu/13/1/13_1_165/_article/-char/ja

 

 

大島 正史,徳橋 泰明:腰部脊柱管狭窄症の診断と治療-ガイドラインを中心に-.日大医学雑誌71 巻 2 号 p. 116-122,2012.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/numa/71/2/71_116/_article/-char/ja

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分