患者さんが整形外科に抱く不満【大阪 平野区 生野区 整形外科 不満】

はじめに

 

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は「患者さんが整形外科に抱く不満」について、私の治療場面で患者さんからよく聞かれるお話や、整形外科勤務経験を通して感じた事を整理して解説致します。以下の記述に共感できる患者さんは当院の施術が適していると思います。

 

 

また以下の記述は整形外科医や医療者を非難する文章ではありませんのでご了承ください

 

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南西、平野区生野区の境目、加美北地区にある鍼灸整骨院です。病院では治らない骨折や、交通事故による骨折とその症状に対する施術・リハビリも行なっています。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。交通事故でお困りの方もご相談ください。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

 

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院はコロナウイルス感染に対応中です。喚起とマスクの着用はもちろん、消毒を徹底的に行っております。当院は予約制ですので混雑もありません。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

 

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

 

 

 

患者さんが整形外科に抱く不満

 

 

もちろん、整形外科の治療に満足されている患者さんも多いですがここでは、私の臨床でよくお伺いする「満足されない患者さんが抱く不満」を説明させてもらいます。※すべての整形外科が下記の通りということではありません。以下のような不満をお持ちで、不満なく治療を受けたいとお考えの方は当院の施術をお勧めします。

 

 

・待ち時間 

 

 

多くの患者さんが整形外科に抱く不満は待ち時間が長いということです。特に医師の診察が必要な時には、短い診察のために1時間程度待たされることもあります。

 

 

当院では待ち時間はありません。予約制ですので。

 

 

・施術スタッフ 

 

 

整形外科では基本的にリハビリなどの治療は医師がみることはほとんどありません。理学療法士や医療スタッフとして雇用された鍼灸師や柔道整復師が施術に当たります。治療機器しか利用しない病院のリハビリ室であれば、治療機器を操作するアルバイトスタッフが施術に当たります。

 

アルバイトスタッフは素人であるために、何のアドバイスも受けることができずに不満を感じる患者さんもいらっしゃいます。

 

 

当院では院長がひとりひとりの体の状態に合わせて言葉を交わしながら施術を行います。

 

 

・分業制 

 

 

整形外科の場合、治療は分業制になっていますので、最初に医師が診て、その後のリハビリは医師以外のスタッフが担当します。担当が固定されていれば良いですがそうでないことが多いです。カルテで情報が共有されていても、やはり治療者の手が変わることを不満に感じる患者さんも多いようです。

 

 

当院では院長がひとりひとりの体の状態に合わせて言葉を交わしながら施術を行います。

 

 

・事務的な対応(共感の欠如) 

 

 

整形外科には多くの患者さんが来院されます。だから業務は事務的に管理されています。そのようにして業務は整理され、時にはマニュアル化されているのです。いわば病院側の業務の都合に患者が合わせる必要があります。ここでは長い時間の立ち話は許されません。非常に忙しいからです。だから、本当に痛みのある患者さんは、その痛みに対する共感も得られにくく、自分の症状を軽く扱われた気分になって不満に感じる人も多いです。

 

当院ではひとりひとりの患者さんにしっかりと時間をつくって対話することを心がけています。

 

 

・責任の所在が不明確 

 

 

整形外科では分業制になっていることが多く、痛みが強くなったり、不快感が増したり、なかなか良くならないと感じたしたときに誰に訴えて良いか分りません。医療者側にそれらのことを伝えても、どこか他人事のように扱われている気分になり不満を感じる人が多いです。治療が分業になっているので、それぞれの医療スタッフは自分1人の責任ではないと考えるのかもしれません。

 

 

当院では、痛みが改善しない場合は、治療者である院長がすべての責任を担います。

 

 

 

・湿布や鎮痛剤での治療しかない 

 

 

整形外科は基本的に「外科」であり、症状を根本的改善させるためには外科的な手法をとります。つまり、手術です。手術の適応にならない場合は、「経過観察」といいまして、経過を管理することが治療となります。手術が主な方法になりますので、そこまでに至らない症状に対しては積極的に行える治療が少ないわけです。だからその間は湿布や鎮痛剤が出されます。ここに不満を感じる人が多いです。

 

 

当院では、患者さんの症状に対して筋膜リリースや整体、鍼施術を行い、より積極的に施術致します。

 

 

整形外科って一体何を治すところ?

 

 

整形外科は主に運動器系の疾患をつかさどる診療科目です。だから基本的には、骨や関節、筋肉、神経など人の体の動きと骨格に関係して、かつ手術が必要になるような病気を扱います。

 

 

肩こりや腰痛、老化による痛みなどももちろん扱いますが、整形外科医はこれらに対して、積極的にというよりは消極的に治療を行います。

 

 

この消極性に患者さんは物足りなさや不満を感じるのではないでしょうか。整形外科医は外科医なのでやはり、手術が必要になるような重症の骨折や脱臼、命に関わるような運動器系の癌などに使命感が駆られるようです。

 

 

そして、慢性的な痛みに関しては、患者さんの主観性が関係してきます。主観性とは、患者さん自身の考え方や不安などの心理的な要因です。

 

 

この、心理的な要因は数字に示すこともできませんし、客観的に扱うことが難しいのでしいので、忙しい医療現場のマニュアルで扱うには限界があるのです。

 

 

だから慢性的な痛みや検査に異常がでない比較的軽症の痛みを持つ患者さんは、整形外科の治療では満足できなず不満に感じることが多いのだと思います。

 

 

小川鍼灸整骨院ではそのような患者さんにしっかりと満足いただける施術を心がけています。

 

 

 

整形外科勤務時代の私。こんな写真、本当にとっておいてよかった(笑)。

 

※上記のことは、整形外科医やそのスタッフの人間性が悪いということではありません。制度上そうならざるを得ないというのが実情です。かつては私も整形外科で勤務していましたので良く分ります。

 

 

 

施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

 

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区生野区界隈で整形外科不満がり、どこで自分の症状を診てくれるのかわからずにお悩みの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

鍼灸・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法の理論を応用して施術します。対象となるのは、どこに行っても良くならない痛みを持つ患者さんです。

 

 

 

例えば病院で変形性関節症、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、線維筋痛症、慢性疲労症候群、うつ病、自律神経失調症、手術後の痛み、抗がん剤の副作用など、治療を受けているけれども改善しない患者さんです。必要な場合は医師と連携しながら施術させていただきます。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。北巽ではなく南巽ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

小川鍼灸整骨院はあなたにいちばん近く、地域でおすすめの整骨院・鍼灸院を目指しています。

 

 

参考文献

 

 

牛山正実:接骨院受診者調査.日柔道整復接骨医会誌,14(4),302-314,2006.

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分