コルセットの効果、筋力低下について【腰痛 運動 骨折】

はじめに

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

腰痛は一生のうちで多くの人が経験する痛みです。

 

原因の分かる特異的腰痛(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)と原因の良く分からない非特異的腰痛があります。

 

非特異的腰痛腰痛の中で85%と大多数を占めており、いわゆる腰痛症と言われています。

 

腰痛症の発生には加齢に伴う骨や椎間板の変性、日常的な腰椎や筋肉への負担が関与しています。

 

負荷を軽減する対策としては、コルセットが一般的だと思います。
しかしながら、「コルセットは効果が無い」「つけていると筋力が落ちる」という話を聞いたことはないでしょうか?
今日の記事ではコルセットの効果、筋力低下は本当か❓について説明します。

コルセットの効果

コルセット腰痛に対して行われる代表的な保存療法の1つです。

 

コルセットを科学的に分析した報告によると腹筋や姿勢を維持する筋肉をサポートしているようです。

 

コルセットは腹肉を押さえつけることで内臓を圧迫し、腹圧を高めています。

 

装着によって腹圧が高まり、腰椎周囲の筋肉を支えることが可能となります。

 

そのため、姿勢を保つ働きの補強や負担軽減に働きます。

 

 

コルセットの装着は上記効果に加えて、運動時の患部への動揺が減少します。

 

しかしながら、コルセット装着の最大の意味は、その効果を信じ、装着による安心感が得られることにあります。

 

この安心感自体、また安心感から活動性が高まり、2次的に痛みが減少すると言えます。

 

コルセットと筋肉低下の関係性

コルセット装着によって筋力が低下するという話を聞いたことがあると思います。

 

確かに、コルセット使用によって筋力低下があるとの報告もあるものの、最近のメタアナリシスによる論文では

 

1ヶ月から6ヶ月程度のコルセットによる固定ならば、筋力低下が見られなかったという報告があります。

 

おわりに

コルセットの装着は筋力低下をまねくことはありません。

 

動作時に痛みが強い時期には、必要に合わせて装着することがおススメです。

 

しかしながら、コルセットは腰の負担を減らし、痛みを緩和するための物であり腰痛を治すものではありません。

 

腰痛の治療において、過剰な安静はさけ、できる範囲で日常生活を続ける方が安静にしているよりも治りが早いことが分かっています。

 

経過にあわせて活動量を戻し、日々の生活を少し見直してみることも又大切です。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

06-6755-6751

 

参考文献

1)菊地 臣一:腰痛のナゼとナゾ―“治らない”を考えるメディカルトリビューン2011

 

2)大川 淳:胸腰椎・仙椎.最新整形外科学大系,第12巻.5章治療.中川書店,p.100-103,1999

 

3)日本整形外科学会診療ガイドライン.腰痛診療ガイ ドライン,南江堂,2012
https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0021/G0000533/0001(2019年4月閲覧)

 

4)Hiroshi Takasaki et al:The impact of continuous use of lumbosacral orthoses on trunk motor performance: a systematic review with meta-analysis.The Spine Journal,  17 ,p889–900,2017.

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分