こころと関係する腰痛の事例【大阪 平野区 生野区 ヘルニア 腰痛 筋膜リリース】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は心と関係する腰痛の事例(ペインスケールは10→3)について報告させて頂きます。

 

 

内容につきましては、お話しの基本的な構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを個人が特定できないように加工しています。

 

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南西、平野区生野区の境目、加美北地区にある鍼灸整骨院です。鍼灸・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を施術に応用していています。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

当院はコロナウイルス感染に対応中です。喚起とマスクの着用はもちろん、消毒を徹底的に行っております。当院は予約制ですので混雑もありません。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

 

 

事例

 

 

Lさん:32歳 男性 職業 設計士

 

 

主訴:腰痛

 

 

Lさんは人生ではじめて腰痛を感じたのが25歳の時だそうです。腰痛は、主に鈍痛でしたが、今回の腰痛は始めて左腰が引っ張られるような鋭い痛みを感じました。

 

 

このような腰痛は経験がなく、職場の先輩もヘルニアで手術をしていることから、もしかしたら自分もヘルニアではないか?と思い整形外科を受診したところ、ヘルニアの可能性があると指摘されて、整形外科で治療を受けましたがその治療では改善せず当院を来院されました。

 

 

Lさんはご自身の腰痛について、

 

 

 

鎮痛剤は効いているような気もするけど、ごまかしのような気もする。腰痛は押えられても悪いことが進んでいるのではないかと思う。ヘルニアかな?医者もそう言うので。 職場に手術している人もいるので、ちょっとヤバイ気もする。でも、忙しくしている時にはあまり腰痛を感じないんです。姿勢が歪んでいるかもしれないし、体重が増えたので、腰に負担がかかってるのかとも思う

 

と話してくれました。

 

 

Lさんの痛みの部位は図の通りです。

 

 

 

問診と診立て

 

 

しっかりと身体の状態を診させてもらいますと、どうもヘルニアの所見はなさそうでした。病的なヘルニアがある場合には、徒手検査によってどの神経がヘルニアによって圧迫されているのか概ね見当がつくのですが、その所見が全くないのです。

 

 

そして、Lさんのお話しからは破局的思考または恐怖回避思考の傾向がみられました。Lさんは過度にヘルニアを心配しているからです。

 

 

 

施術

 

 

筋膜リリースと整体週に 2回 2×週間

 

 

 

 

施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

Lさんの痛みは椎間版に原因がある腰痛と考えられました。左太ももへの痛みは坐骨神経痛というよりは椎間板の関連痛であると考えられます。

 

 

この痛みに対しては、痛みの原因を椎間板と同時に筋膜と筋肉をゆるくつなぐ結合組織の重積(癒着と表現するほうがわかりやすいかもしれません)と考えて、この重積をゆるめるように治療を行なうのが筋膜リリースです。。

 

 

そして更に、整体として筋膜の重積をゆるめた箇所をストレッチしました。

 

 

また、毎回の施術においては、「これを行なうとヤバいな」と思う動きや抜けそうな痛みをあえてやってみるように指導しました。Lさんの腰痛は腰自体の原因がそんなに深くないと判断したので、できるだけ動いてもらうように指導したのです。

 

 

もちろん、治療の中では一貫してこの腰痛ヘルニアではなく単なる腰痛であること、この手の腰痛はぎっくり腰につながることはないこと、考えすぎることが症状を強くしてしまうことをしっかりと説明しました。

 

 

結果

 

 

痛みは4回の治療で10→3にまで下がりました。当初、頚も痛くストレスもあるとうことだったので、8回の治療が必要かとも思いましたが、4回で終了することができました。

 

 

 

 

考察

 

今回のLさんの腰痛ヘルニアではありません。病的なヘルニアであれば坐骨神経痛が症状として現われるからです。まれに小さく出たヘルニアが少しずつ神経を圧迫するバルジングという状態もありますが、それでもなさそうでした。

 

 

実際にLさんは忙しくしている時には痛みを感じないと話していました。

 

 

腰痛は筋膜の癒着を剥がすような筋膜リリースと整体によって軽減されたと考えられます。痛みの部分が筋膜と筋肉をゆるく結ぶ結合組織にある場合は、その部分の水分量が低下したり、pHの変化によって痛みが出てきたりしますが、徒手による筋膜リリースはそれらの不調を解消します。

 

 

また、慢性的な痛みは、破局的思考が能力障害に関連するとされています。Lさんの痛みも、自分の腰痛がヘルニアであると解釈することで痛みが強くなっている可能性はありました。

 

 

腰痛が慢性化する要因はうつ傾向とか、恐怖回避思考、社会的なストレスなどの心の要因も関係するとされています。

 

 

今回の会話のなかではLさんのストレスについて深くお伺いすることはできませんでしたが、原因が分らない痛み自体がストレスになっていた可能性もあります。

 

 

このような痛みのストレスの側面に対しては、運動、認知行動療法、マインドフルネス瞑想、 セルフマネジメントが有効とする報告もあります。

 

 

 

今回のLさんの施術では上記の原因についてしっかりアプローチできた結果、早い段階でよくなられたと考えられます。

 

 

同様の事例がブログ記事になっております。他の事例もご参照ください。

「1回の施術で改善した関節痛」

http://www.korikori.com/blog/1kaikaizennkannsetutuu/

 

 

また、Lさんが設計士であり、自分の腰の異常を構造的に知りたいという欲求がありました。今回の施術ではその不調の原因をLさんが納得できるように説明できたこともよかったのだと考えます。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

 

おわりに

 

 

https://g.co/kgs/hzsd8b

 

 

大阪市の平野区生野区界隈でどこに行ってもよくならない腰痛や、ヘルニアが心配でお悩みの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにあります。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

参考文献

 

 

山下裕,古後晴基他):慢性頸部痛患者の破局的思考と運動恐怖感は能力障害に影響するか?-発症起点の有無を考慮した横断的検討-.ヘルスプロモーション理学療法研究, 8 巻 3 号 p. 101-106,2018.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/hppt/8/3/8_101/_article/-char/ja

 

 

松平浩,吉本隆彦:腰痛の新しい概念と治療戦略-層化アプローチと非薬物療法の重要性 -.日本東洋医学系物理療法学会誌,43 巻 2 号 p. 1-9,2018

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsop/43/2/43_1/_pdf

 

 

鈴木 茂樹, 浅賀 亮哉,他):エコーガイド下Fasciaリリースの治療効果―Fasciaの痛みの原因と多職種連携の必要性について―.理学療法 – 臨床・研究・教育, 26 巻 1 号 p. 3-7,2019.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ptcse/26/1/26_26-003/_article/-char/ja

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分