膝に水が。歩いてもいいの?【大阪 平野区 生野区 膝に水 ウォーキング 膝の軟骨】

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は膝の軟骨がすりきれて痛みが出てくる変形性膝関節症の患者さんで、膝に水がたまった患者さんの事例を紹介致します。この事例を通して、膝に水が溜ったときの対処方法を述べさせて頂きます。

 

内容につきましては、お話しの基本的な構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを個人が特定できないように加工しています。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南西、平野区生野区の境目、加美北地区にある鍼灸整骨院です。鍼灸・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を施術に応用していています。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

 

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

当院はコロナウイルス感染に対応中です。喚起とマスクの着用はもちろん、消毒を徹底的に行っております。当院は予約制ですので混雑もありません。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

 

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

 

事例

 

 

Sさん:  59歳 女性 職業 飲食店勤務(立ち仕事)

 

主訴:右膝関節の痛みと腫れ

 

 

Sさんは普段より両方の膝関節の痛み(特に右)や腰の痛み、肩こりの治療で通院されています。今回は、右膝の痛みが強くなってきたので今頑張っているウォーキングを続けていいか、それとも休むべきか、どうすればいいのか迷っておられて相談を受けました。

 

 

問診と診立て

 

 

Sさんの膝は痛みを感じてから5年以上経っており、痛みは痛い時と楽なときが交互にやってくるとのことです。普段より慢性的な腫れがあり、痛みのないときにも膝は丸く腫れているような感じです。今回は見た目に分るほどいつもより大きく右が腫れています。

 

 

 

膝に水が溜っているかどうかみてみたところ、しっかりと水が溜っていました。

 

以前に近くのお医者さんで変形性膝関節症の診断を受けていますので、膝の軟骨がすり減っていることは間違いないと思われます。

 

 

変形性膝関節症の痛みの特徴は膝の内側の痛みと、動き始めの痛みです。多くの方は痛いながらも歩いているうちになんとか歩けるようになってきます。

 

Sさんも動き始めに痛みがありますがしっかりと歩いておられました。なんとこの3ヵ月間は1日に150分も歩いているとのことでした。

 

歩行距離が長くなってきたことが今回の痛みや膝に水がたまる原因になったと考えられます。

 

 

 

施術

 

鍼治療と生活指導

 

 

痛みの緩和を目的として鍼治療を行ないました。それに加えて、できるだけ生活に制限を加えず、ウォーキングだけを中止して1週間の経過観察を行ないました。

 

 

 

施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

結果

 

 

1週間後、痛みはまだありますし、膝の水も多少残っていますが、生活に支障なくウォーキングも再開することができました。

 

 

考察

 

 

変形性膝関節症で膝に水がたまることはよくあります。特に中等度から重度の炎症で水がたまります。

 

 

なぜ水がたまるのかについては以下のブログでも説明しました。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1360471167431609&id=100004062168934

 

ここでも簡単に説明しますと、

 

 

どの関節も基本構造は同じですが、骨と骨が関節を作る際には、接触面は軟骨で覆われています。

 

 

そしてこの軟骨はプロテオグリカンというコラーゲン繊維でできており、ヒアルロン酸を多く含んでいるのです。

 

 

関節は関節包(かんせつほう)という袋で覆われて関節腔(かんせつくう)という密閉空間をつくっています。そしてこの関節腔は関節液というヒアルロン酸が主成分の液体で満たされています。このヒアルロン酸は関節軟骨の成分と同じもので、関節軟骨からしみ出るのです。

 

 

関節包の内側は滑膜という組織で覆われていて、ここには神経や血管が豊富に分布しています。

 

関節が長年の摩耗によってその擦り切れた断片(ちびちかす)が滑膜組織にへばりつくと、そこで免疫が反応して炎症が起こります。

 

 

この炎症が膝の痛みといわれています。また炎症が起こると、滑膜に分布している血管の壁が開き、そこから血液の液体成分が関節腔にもれてしまいます。このもれた液体成分がいわゆる「膝に水がたまる」という現象です。

 

 

 

今回Sさんの場合は、動画に示すとおり膝に水がたまっていますが、痛みはそれほどでもありません。

 

 

膝に水がたまっている患者さんのなかには、リウマチなどの関節炎が原因である場合があり、その場合は関節の水を注射器で抜き、関節液を検査する必要があります。

 

また関節炎の場合は局所に熱をもちますし、感染症の場合は全身性に発熱します。

 

 

Sさんは既に変形性膝関節症を医師に診断されており、局所の熱感もなく、動く範囲もほぼ正常でしたので安静の必要がないと判断しました治療は膝の痛みを和らげるための鍼治療を行ない、ウォーキングは休んで頂いてそれ以外の活動を積極的に行なう様に指導しました。

 

 

膝に水がたまったとしても、必ずしも安静にしなくてはいけない訳ではありません。痛みの管理としっかりと動くことで改善することがほとんどです(ここ、重要です!!!)。

 

 

だからできるだけ普段通りに動くことをお勧めします。もちろん、痛みが強ければそういうわけにはいきません。

 

 

関節が腫れてきたらまずは整形外科受診をお勧めしますが、整形外科が苦手という方はどうぞご相談下さい。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

 

 

おわりに

 

 

 

https://g.co/kgs/hzsd8b

 

大阪市の平野区生野区界隈で膝に水がたまることでお悩みの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにあります。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

参考文献

 

 

石黒直樹ほか):変形性関節症はなぜ痛いのか?.日本ペインクリニック学会誌,vol.27,p1-7,,2020.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspc/advpub/0/advpub_19-0018/_pdf/-char/ja

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分