膝痛でお困りの方へ③【大阪 平野区 生野区 変形膝関節症 手術 整体 筋膜リリース】

はじめに

 

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回で最後の変形性膝関節症の診療ガイドラインについての紹介です。

 

このブログ(シリーズ)の目的は、私が日頃患者さんとの会話の中でよく質問されることがこの論文に多く取り上げられていましたので、このガイドラインを通して日頃の質問にお答えすることです。今回は手術療法についてです。興味深いものをピックアップしていきます。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南西、平野区生野区の境目にある加美北地区にあります鍼灸整骨院です。鍼灸・筋膜リリース整体と同時に認知行動療法の理論を応用して治療に用いています。

 

最寄りの駅は地下鉄千日前線南巽駅です。1番出口から徒歩1分のところです。最近は北巽と間違えて下車される方もいらっしゃいますが、北巽ではなく南巽です。北巽から南巽までは徒歩で15分ぐらい歩きますよ。だから間違えないでくださいね。小川鍼灸整骨院はあなたに一番近く、地域でおすすめの整骨院を目指しています。

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

 

内容

 

 

変形性膝関節症の治療においては、注射や鎮痛剤などの薬物療法や理学療法、運動療法など様々な治療があります。いったい何が効果的なの?人工関節に失敗はないの?手術しないで良くなる方法はない?などなど、そのような質問に対して、世界標準のガイドラインを基本として、日本の専門家と海外の専門家の意見がざっくりとAからIの5段階の推奨度でまとめられています。(推奨度 grade A:行うように強く推奨する、B:行うよう推奨する、C:行うことを考慮してよい、D:推奨しない、I:委員会の設定した基準を満たすエビデンスがない、あるいは複数のエビデンスがあるが結論が一様でない)

 

興味深いものからピックアップして推奨度のグレードを示し、それに私なりの解説を加えていきますね。

 

★非薬物療法と薬物療法の併用によって十分な疼痛緩和と機能改善が得られない変形性膝関節症患者の場合は、人工膝関節全置換術を考慮する。保存的治療を行っているにもかかわらず、健康関連 QOL の低下を伴う重篤な症状や機能制限を有する患者に対しては、関節置換術が有効かつ費用対効果の高い手段である

 

推奨度A

 

解説

別の論文では、変形性膝関節症の有症状者数は2500万人であり、そのうち0.9%の7万人が手術を受けるということです。軟骨は今のところ再生しない(iPS細胞が変形性膝関節症の治療に使われたり多血小板血漿(PRP)を使う治療が最近は注目されていますが)とされていますので、末期の変形性膝関節症の患者さんは最終的に行き着いてしまうところです。もちろん、絶対に手術を避けたいという方もいらっしゃいますが、その様な方は痛みのコントロールを上手く行ないながら保存療法を選択するしかありませんね。医学的には手術療法の効果が高いとされています。

 

 

 

★身体活動性が高く、内側変形性膝関節症による症状が著しい若年患者では、高位𦙾骨骨切り術の施行により関節置換術の適応を約10年遅らせることができる場合がある

 

推奨度B

 

解説

膝関節は内側と外側の関節面があります。膝関節の変形の多くは内側にやってきます。ですので、膝関節の下側を作る脛骨という骨の内側に切れ込みを入れてその空間に人工の骨や医療用の物質(スペーサー)を挿入して、内側にかかる荷重を外側にも分散させる方法です。手術の成績も良いようですが、厳密な研究データがないのでしょうね。推奨度がBです。

 

 

変形性膝関節症における関節洗浄および関節鏡視下デブリドマンの効果は意見が分かれている。いくつかの研究で短期的な症状緩和が示されているが,ほかの研究では症状緩和はプラセボ効果に起因する可能性があることが示されている

 

推奨度C

 

解説

 

いわゆる、「膝のそうじ」といわれる手術方法です。年齢が若く、半月板に痛みの原因がある場合に効果が出やすいとされているようです。ですので、治療効果は限定的ということでしょうか。個人的には、痛みを我慢することができなく、かといってたいそうな手術は避けたいと考える方が期待を込めて受けることが多いように思います。関節鏡を用いて行なわれる手術ですので、傷が少なく、他の手術と比べて身体への負担が小さいですね。

 

 

当院の施術

 

 

 

外科的療法においても薬物療法同様にB以下が多い印象ですね。先ほども触れましたとおり、変形性膝関節症の有症患者数は2700万人であり、そのうちの0.9%である7万人が手術を受けるとされています。私の印象では手術が必要な程度の症状でも手術を受けない患者さんも相当数いると思いますので、やはり保存的療法は重要になってきますね。

 

小川鍼灸整骨院ではできるだけ手術を受けたくないという膝の痛みでお困りの患者さんに対して、それぞれの患者さんに適切なな生活上のアドバイスを行ないながら施術を行なっています。「適切な」という表現には、理論的に適切という意味と患者さん自身が「自分に合っている」と思えることの2つの意味が含まれています。

 

具体的には、まず膝の状態をしっかりと見極めて膝の症状をチェックします。

 

 

 

 

そして理論的に考えてその症状に合う施術方法をいくつか提案させて頂き、患者さんが受け入れやすい方法を選んで頂きます。

 

必要であれば医師を紹介致して、消炎鎮痛剤やヒアルロン酸の注射などを併用できますが、来院される多くの患者さんは既に医師を受診した方であり、西洋医学が自分に合っていないとお考えの患者さんです。その場合は、「なぜそう考えるのか」についてしっかりとお話しを伺います。その上で施術方法を一緒に考えます。ここに認知行動療法が応用されます。私たちはこのかかわりを「認知行動療法的なかかわり」と呼んでいます。

 

 

 

主な施術の方法は

 

筋膜リリース

整体

・鍼灸

・アロマオイル(ローズマリーカンファー)を用いたマッサージです。

 

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

 

 

施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

変形性膝関節症の施術事例紹介はこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/blog/hennkeiseihizakannsetusyounosejyutu%e3%80%90hizanoitami-hennkei-rouka-fuann-ninntikoudouryouhou/

 

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区生野区界隈で膝の痛み、変形性膝関節症でお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。鍼灸・筋膜リリース整体などでみなさまの痛みを施術します。小川鍼灸整骨院大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。北巽は一つ手前の駅です。北巽ではなく南巽で下車してくださいね。当院へは平野区生野区以外にも、東住吉区や東成区、八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などからも患者さんが来院されています。

 

 

 

参考文献

 

 

川口浩:変形性関節症治療の国内外のガイドライン.日関病誌,35(1):1~9,2016.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsjd/35/1/35_1/_pdf

 

変形性膝関節症を理解する

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrmc/52/4-5/52_256/_pdf

 

鵜木栄樹 他):変形性膝関節症に対する鏡視下デブリードマンの術後成績の検討.東北膝関節研究会,vol.15,pp11-14,2005.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tohokuhiza/15/0/15_3/_pdf/-char/en

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分