腓骨骨折後の関節拘縮【交通事故 スポーツ外傷 腓骨骨折 平野区 大阪 小川鍼灸整骨院】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は腓骨骨折の固定後の関節拘縮が改善した患者さんの事例について報告させて頂きます。腓骨骨折交通事故スポーツ外傷、高所からの転倒などの比較的大きな力が足首にかかった時に起こる骨折で、後のリハビリが重要です。

 

内容につきましては、お話しの基本的な構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを個人が特定できないように加工しています。

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の南西、平野区と生野区の境目、加美北地区にある鍼灸整骨院です。鍼灸・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を施術に応用していています。

 

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院は新型コロナウイルス対応中です。喚起とマスク装着はもちろん、消毒を徹底的に行なっております。当院は予約制ですので混雑もありません。「3つの密」に対する対策をしっかりと行なっております。

http://www.korikori.com/blog/covid-19-info/

 

 

事例

 

 

Nさん:30歳 女性 職業 自営業

 

 

主訴:左足関節の痛み(骨折後)

 

 

来院の約1ヵ月前にスキーをしていて転倒し、救急車で病院に搬送された。レントゲン検査の結果は左腓骨骨折で手術を勧められたとのこと。

 

 

手術は絶対に嫌ということで、東京の整骨院を受診されました。ちなみにNさんは大阪住まいですが、週に1~2回ほど仕事のために東京へ行くそうです。

 

 

ですので、上京の際にそちらの整骨院で診てもらうようにしていました。そして、3週間が経過したころにコロナウイルス蔓延のために、その整骨院が閉院してしまったために当院に来院されました。

 

 

Nさんはスキーの上級者で国体に出場経験もあります。またダンスもされており、特に足首がしっかりと伸びないとダンスで足のラインが美しくないということで可動域を正常に戻したいと強く希望されていました。

 

 

問診と診立て

 

 

  理学所見では安静時痛はすでになく、動作開始時の痛みもありません。 運動時の痛みもありませんでした。

 

 

そしてもっとも重要なのが押さえて痛みをどこに感じるのかということです。圧痛もは足首まわりにありましたが、重要なポイントにはありませんでした。

 

 

しかし、足関節の動く範囲は底屈で35°しか曲がりませんし、左足で片足立ちを行なうと、右と違ってふらつきが大きくあります。歩行も出来ていますが力が入りにくく、長距離の歩行には自信がないとのことでした。

 

 

Nさんは、「痛みはあまりないけど、管理をしてもらわないと不安」と話してくれました。

 

 

見たてとして、最も重要な遠位脛腓靭帯の損傷はなさそうですし、他の靭帯損傷もきっと軽度だったのでしょう。固定もしっかりとされていたのだと思います。あとは、足関節の動く範囲を正常に戻すことと、片足立ち機能が正常に戻るためのトレーニングの指導を行なうことにしました。

 

 

施術

 

 

ローズマリーカンファーを用いたオイルマッサージと足関節可動域訓練を週に1回×3週間

 

 

 

それに加えてリハビリテーションの指導も行ないました。指導内容は、足関節の拘縮についてはお風呂中の浴槽内での正座、片足立ちトレーニング、片足でのキャッチボールなどです

 

 

施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

結果

 

 

初診時から約3週間で足関節の可動域はほぼ底屈45°まで改善しました。歩行時の不安定性もなく、歩行距離も伸び、非常に満足して頂けました。

 

 

 

 

考察

 

 

腓骨骨折交通事故スポーツ障害、高所からの転倒などの比較的大きな力が足首にかかった時に起こる骨折です。

 

 

腓骨は膝から下の下腿を作る2本の骨のうちの外側の骨です。主に体重を支えるのは脛骨で腓骨は体重を支えません。しかし、腓骨は足関節を作り、足関節を安定させるために非常に重要な働きをしています。

 

 

 

また、腓骨には多くの筋肉も付着します。体重がかからないということから、骨折の際には少々変形してくっついても問題はないとされるのですが、時に骨癒合が悪い時には痛みが出ることがあります。

 

 

腓骨骨折が問題となるのは、足関節が捻られて骨折した際に、足くびまわりの靭帯が損傷されるとともに、腓骨と脛骨をつなげる靭帯が断裂したときです。

 

 

遠位脛腓靭帯というこの靭帯が切れると、足首は非常に不安定になってしまい、後に痛みを残すことがあります。ですので、足関節の骨折の場合、腓骨の骨折が伴う場合にはこの遠位脛腓靭帯が切れているかどうかを知ることでその後の症状を予測することができるのです。この予測にはWeberの分類が用いられます。

 

 

 

Nさんの場合、Type3であり、足首の全面外側の脛腓靭帯部分に圧痛はありませんでした。また、この靭帯が損傷されている場合は足関節を上に上げる(背屈)ことで負担がかかり痛みがでるのですが、それもありません。

 

 

つまり、脛腓靭帯の損傷がないと考えられました。

 

 

ですので、積極的にリハビリを開始することで早期に足関節の機能を回復させることが出来ました。

 

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

おわりに

 

 

https://g.co/kgs/hzsd8b

 

今回のNさんのケースは、Nさん自身がスポーツをされる方であり、また積極的にリハビリに取り組んでくれる方でしたので非常に治りが早かったです。運動を苦手とする人の方がリハビリには時間がかかる印象があります。

 

 

大阪市平野区、生野区界隈で交通事故スポーツ外傷による腓骨骨折でお悩みの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

当院は大阪市の平野区と生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにあります。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

 

当院の患者さんは、平野区、生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

 

参考文献

 

 

有薗剛 他):高位脛骨々切り術における腓骨々切りの問題点.整形外科と災害外科,41 巻 2 号 774-778,1992.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai1951/41/2/41_2_774/_pdf/-char/ja

 

 

 

高倉義典:最新整形外科大系,第18巻下腿・足関節・足部,第11章 外傷,果部骨折,pp357-363,

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分