鍼で良くなった膝痛の例【大阪 平野区 生野区 鍼 膝の痛み 変形性膝関節症 鍼灸院 整骨院】

はじめに

 

 

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は変形性膝関節症と考えられる膝の痛みが4回の施術で改善したUさん(ペインスケールは10→1)について報告します。

 

 

小川鍼灸整骨院大阪市の平野区生野区にまたがる加美北地域でおすすめの鍼灸院整骨院、あなたにいちばん近くの鍼灸院整骨院を目指しています。

 

 

事例

 

 

 

 

Uさん: 60歳 女性 職業:飲食店勤務

 

 

主訴:左膝の痛み

 

 

以前より膝が崩れる感じがあった。今回の膝の痛みは2日前に力が抜けてガクッと痛みが出たがすぐに治った。仕事中にガクッとなってそれから痛みがある。太っている人しか膝の痛みは出ないと思っていたので、私は痩せているから大丈夫と思っていたのになぜ自分に痛みが出たのかわからない。仕事中にぴーんと電気が走ったのでびっくりした。お風呂に入る週間がないために冷えてきたのか?

 

 

施術と結果

 

 

施術を4回(2週間)

 

痛みは10から1になりました。

 

 

 

 

1回目の施術では、その直後から歩くのが楽になったと話してくれました。変形性膝関節症について説明するとショックを受けておられました。

 

 

2回目の施術時には何かの拍子に膝がガクッとなり痛みを感じると話し、まだ完璧ではないと不安気でした。

 

 

3回目の施術時には膝の痛みもあるけれども頭痛もするし、気分も悪いと話しました。どうもストレスがたまりやすいご様子ですが、それについての自覚はなさそうでした。

 

 

4回目の施術時には、「膝の痛みはほぼ問題ないけれども、体調が悪い。これまでの持病が吹き出てきた」と表現されたましたので、以降は月に1回程度、体調を整える施術を行うようにしました。

 

 

 

施術メニューはこちら

↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

 

診立てと考察

 

 

Uさんの膝の痛みはごく初期の変形性膝関節症と考えられます。

 

変形性膝関節症の痛みの特徴は、関節の内側の痛みと動き始めの痛みです。ひどくなってくると、関節の中に水がたまります。

 

こちらのブログをご参照ください。(関節水腫)

 

 

変形性膝関節症の痛みについて

 

 

また、変形性膝関節症が進行すると、画像のように関節は変形してきて、動く範囲も小さくなってきます。

 

 

 

 

 

そして、長い距離も歩けなくなります。運動量が減ることや痛みのせいで太ももの筋肉も痩せてきます。

 

 

変形性膝関節症は痩せ形の人よりも肥満傾向にある人の方がなりやすいというのが疫学的にわかっています。

 

 

変形性膝関節症には上記のような特徴がありますが、Uさんの痛みは、安静時の痛みはなく、動き始めに少し痛みがあル程度です。

 

歩くときの痛みもそれほど強くありません。正座もできます。押さえて痛みがある部位は関節の内側でした。また、Uさんの体系はやせ型です。お話しを聞いていると、膝に対する不安もあるようでした。

 

 

 

 

変形性膝関節症は膝周りに不調を感じるものですが、「膝崩れ」といいまして膝に力が入らなく、ガクッと膝折れしてしまうこともよくあります。

 

 

 

Uさんの痛みは比較的小さいものですが、今回はこの膝れ現象が一番の問題だったと思われます。

 

 

また健康に対する不安を感じやすいUさんは、体調不良も感じやすいようです。

 

 

Uさん自身はストレスや不安が健康と関連するとは全く考えていないご様子です。

 

 

ですので、これからの施術は、Uさんが感じる諸々の症状に対して、その都度丁寧に施術していくことになりそうです。

 

 

 

 

そうそう、運動不足で膝周りの筋肉が痩せてくることが最近は問題となっています。サルコペニアといいますが、70歳以上の方で長い距離が歩けなくなってくる人やバランス感覚が悪く転倒してしまいそうな人は要注意ですね。

 

Uさんにはランジスクワットもしてもらうようにしました。

 

 

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

費用:7000円/40分(対面・リモート共)

↓↓↓↓

現在、期間限定で

リモートは2500円/40分、

対面は3000円/40分

となっております。

 

おわりに

 

 

https://www.google.com/maps/place/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E9%8D%BC%E7%81%B8%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/@34.6436602,135.5543889,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xb601f267c6693c67!8m2!3d34.6436602!4d135.5543889

 

大阪市の平野区生野区界隈で、変形性膝関節症による膝の痛みにお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を変形性膝関節症の施術に応用していています。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院鍼灸院です。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

執筆担当は小川でした。

経歴、プロフィール

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院はコロナウイルス感染に対応中です。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

 

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

※内容につきましては、プライバシーに配慮して、話しの構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを加工しています。

 

 

参考文献

 

 

原雄人 他):変形性膝関節症の疫学調査 -主として発症要因について-.整形外科と災害外科,1989 年 38 巻 2 号 p. 930-932

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai1951/38/2/38_2_930/_pdf/-char/ja

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分