運動療法と肩こり・腰痛について【大阪 平野区 南巽 腰痛 肩こり 整体】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は、「運動器疼痛の治療法としての運動療法」という論文を紹介いたします。

 

 

この論文では、
①痛みの大きさには身体の原因のみならず痛みに対する患者さん自身の考え方(主観)も関係すること
肩こり腰痛などの慢性的な痛みには全身運動がよいこと

 

がわかりやすく説明されています。

 

どこに行ってもよくならない患者さんのなかには、ご自分の痛みにはご自分の考え方が関係していることに気付いていない方や、運動を出来るだけ避けたいと考える方が多いです。だからこの論文を取り上げて、ご自身の考え方に気づくことや運動の重要性を取り上げたいと考えました。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南西、平野区と生野区の境目にある加美北地区にあります。最寄りの駅は地下鉄千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところです。北巽は一つ手前の駅です。北巽ではなく南巽で下車してくださいね。北巽から南巽までは徒歩で15分ぐらい歩きますよ。だから間違えないでくださいね。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院を目指しています。

 

執筆担当は小川です
http://www.korikori.com/staff/

 

内容

 

 

 

肩こり腰痛について、その共通点と治療についての最新の考え方を論文としてまとめたものです。

 

 

肩こり腰痛は頚椎(頚の骨)や腰椎(腰の骨)の老化を基盤として、椎間板や椎間関節に分布している神経が刺激されて痛みが出ていると考えられています。また、それに加えて、様々な要因が関連して痛みが出てくると説明されています。

 

 

 

例えば腰痛に関しては恐怖回避思考や破局的思考という、腰痛に対して極端に「悪くなる」という不安や心配が腰痛を重症化させているとするものです。

 

 

肩こりに対しては「頚椎や方の機能障害が基盤としてあり、それに伴ってそれらの支持組織である僧帽筋に負担がかかって(筋肉の)硬度が増している状態であり、仕事のストレスが関連している」とするものです。

 

 

 

 

このような腰痛肩こりに対しては、ウォーキングのような全身運動を毎日15~20分程度行なうと痛みが小さくなるそうです。この類の運動は、EIH (exercise-induced hypoalgesia;痛覚麻痺を引き起こす運動)とよばれ、カンナビノイドというマリファナと類似した作用を示す物質が関して痛みを小さくすと解説されています。

 

 

当院の見解

 

 

当院にも、いくつかの医療機関を受診してそれでもよくならない患者さんが多く来院されます。その様な方の多くは、ご自分の「恐怖回避思考」や「破局的思考」に気づいていない方が多くいらっしゃいます。

 

 

 

当院に来院される前の医療機関でも、お医者さんは「恐怖回避思考」や「破局的思考」は身体の問題ではないということから、これらを取り上げることはあまりないか、あっても「大丈夫、心配ありませんよ」とやさしく話してくれるだけで、これらの心理的な状態を解決するように積極的に関わってくれることはあまりありません。

 

 

また運動についても、患者さん自身は必要であると分っていても痛みがあれば積極的にはなれませんし、医師やその他の治療者も患者さん自身が「痛いから運動をしたくない」といえば無理矢理運動させることはしないでしょう。

 

 

しかし、特に「恐怖回避思考」や「破局的思考」と関係する痛みは、運動を行なう事で鎮痛のメカニズムが働くことや、運動しても痛みが大きくならないことを学習できることから、痛みそれ自体や痛みに対する恐怖心が小さくなっていきます。

 

 

ですので当院では、患者さんの身体的な症状に対して鍼灸施術・筋膜リリース・整体施術を行ないながらも、患者さんの症状に対する主観としての「恐怖回避思考」や「破局的思考」に患者さんと共に向き合い、これらの思考をポジティブに消化できるようにかかわります。このような関わりを私たちは「認知行動療法的なかかわり」とよんでいます。

 

 

当院では、積極的にこのような認知行動療法的なかかわりを行なっています。

 

 

8回の治療を行なった患者さんでは以下のように回を重ねるごとに痛みが小さくなっていいきます。

 

当院へのご相談はこちらから

↓↓↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

 

 

 

当院の施術メニューはこちらから

↓↓↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区、生野区界隈でどこに行ってもよくならなかった肩こり腰痛でお悩みの方は是非とも当院にご相談下さい。鍼灸・筋膜リリース・整体・認知行動療法的なかかわりを用いてみなさまの痛みを施術します。当院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。当院へは平野区、生野区以外にも、東住吉区や東成区、八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などからも患者さんが来院されています。

 

 

参考文献

 

矢吹省二:運動器疼痛の治療法としての運動療法.日本顎関節学会雑誌,第30巻第3号,pp243-248,2018.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/gakukansetsu/30/3/30_243/_pdf/-char/ja

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分