動揺性肩関節【肩こり 肩の痛み 不安定 ルーズショルダー】

はじめに

小川鍼灸整骨院のブログです。

今日は肩関節の不安定性(instability)と関節弛緩(laxity)を示す動揺性肩関節(ルーズショルダー)について書いていきます。

 

病態

動揺性肩関節(ルーズショルダー)とは肩関節に多方向性の不安定性やだるさを生じ、異常に緩くなってしまった状態を指します。

外傷性や反復性と言ったものではなく、また肩関節の構成骨や肩甲帯筋に明らかな異常がないにも関わらずおこります。

多くは両側性で若年者や女性、投球などのスポーツを行う選手によく見られます。

また、肩のみでなく全身の関節弛緩を伴う例もあるようです。

 

原因は明確にはわかっていませんが、以下のようなことが考えられています。

 

・靱帯や関節の弛緩

・肩甲骨関節窩後下縁の形成不全

・肩甲骨の外転・外旋位保持力の低下

・腱板疎部の機能不全など

 

原因は必ずしも1つに限定されておらず、いくつかのものが関与しているようです。

 

症状・診断

動揺性肩関節(ルーズショルダー)の症状として自発痛や運動痛などの痛みの他、上肢のだるさ、肩の不安定感と多彩です。

また、肩こりや腕のしびれを伴っている事もありますが、無症状のものもあります。

陽性所見(判断のテスト)としては、サルカス徴候があります。

 

検査法:

①患者の肩甲骨を固定して、腕の力を抜いた自然な状態で検者が患者の腕を下に引っ張ります。

②その際肩にくぼみが出来るか確認します。

③同様に肩が外旋位(手のひらが前を向いた状態)でも確認し、肩にくぼみが見られれば陽性とします。

 

また、肩関節単純X線前後像、肩関節単純MRIでは肩板や関節唇に異常を認めないのも特徴です

 

治療方法

動揺性肩関節(ルーズショルダー)の治療法は保存療法が選択され、姿勢の矯正と筋力増強を行います。

 

姿勢矯正や筋力増強訓練が効果的でない場合もありますが、その際は装具を用いて姿勢矯正を行うとともに肩甲骨周囲筋および腱板機能訓練を行います。

 

保存療法で不安定性に変化が無く、日常生活やスポーツに支障をきたす場合は手術する場合もあります。

 

おわりに

動揺性肩関節(ルーズショルダー)で症状がある場合、関節唇や腱板などに解剖学的破綻がないか確認することが、治療において重要です。

気になったら、信頼できる先生に診てもらいましょう。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

06-6755-6751

 

[参考文献] 

1)望月 由(他):非外傷性肩関節不安定症の治療成績,肩関節30(2),p243-246(2006)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/katakansetsu1977/30/2/30_243/_pdf/-char/ja

2)信原克哉(他):動揺性肩関節.肩その機能と臨床第4阪,7章肩の疾患.医学書院,p.228-249(2012)

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分