当院のコロナウイルス対策【コロナ 対策 南巽 平野区 生野区 大阪 整骨院】

はじめに

 

 

今回のブログでは当院のコロナウイルス対策についてご紹介します。

 

肩こりや頭痛、腰痛や坐骨神経痛、自律神経の失調による体調不良、その他、原因が分らないけれども痛みがある方で、コロナウイルスが恐いということで病院へ行くことをためらっておられる方、

 

当院はコロナウイルに対する対応を以下のように行なっております。

 

 

安心してご相談ください。

 

 

執筆担当は小川です。今回はマスクを付けています。

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院のコロナウイルス感染対策について

 

 

マスコミれ連日報道されるコロナウイルスのパンデミックは私たちの生活に大きな影響を与えています。

 

 

経済に大きな影響を与えるこの危機に国民ひとりひとりが自覚をもって対策していきたいものです。

 

 

厚生労働省は3つの密として、①喚起の悪い閉鎖空間 ②多数が集まる密集場所 ③間近で会話や発声をする密接場面 を掲げており、これらを避けるように注意勧告しています。

 

 

これを受けまして当院では、患者さんの皆様に安心して鍼灸院整骨院に通院いただけますようにコロナウイルス対策を行なっております。

 

 

まず小川鍼灸整骨院では、常に喚起を心がけております。大きな扉が開く度に十分な喚起が行なわれています(密閉空間への対策)。

 

 

また、予約制となっておりますので、多くの患者さんが一度に来院することはありません(密集場所への対策)。

 

 

そして、間近で会話を行なう事(密着場所)はどうしても避けられませんが、マスクの着用を義務づけて患者さんと会話し、更にベッドや受付、待合の消毒をコロナウイルス対策として徹底して行なっております。

 

 

 

 

 

幸いにして、整骨院鍼灸院はまだクラスターとはなっていないようです。

 

 

 

患者さんの健康を担う医療従事者として、コロナウイルスの感染防止対策に努めていきたいと考えております。

 

 

皆様もどうぞご注意ください。

 

 

この危機を頑張って乗り越えましょう。

 

 

おわりに

 

https://g.co/kgs/hzsd8b

 

大阪市の平野区生野区界隈で、どこに行っても良くならない痛みにお悩みの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

鍼灸・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法の理論を応用して施術します。対象となるのは、どこに行っても良くならない痛みをもつ患者さんです。

 

 

例えば病院で変形性関節症、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、線維筋痛症、慢性疲労症候群、うつ病、自律神経失調症、手術後の痛み、抗がん剤の副作用、などの治療をうけているけれども改善しない患者さんです。必要な場合は、医師と連携しながら施術させて頂きます。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにあります。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

小川鍼灸整骨院はあなたに一番近く、地域でおすすめの整骨院鍼灸院を目指しています。

 

 

参考サイト

 

 

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#kokunaihassei

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分