59.呪術的な治療とその効果(在日韓国老人Aさんの例)②

2015年8月のブログです。ホームページ移設

のためにここに移動しました

 

 

前回お話したような背景をお持ちのAさんが私に

お祓いをお願いしてきました。

 

「先生、私自転車に乗っててあそこの小さな

交差点でこけたんやけど、あの場所に何かとり

ついてるねん、そのせいか手首の痛みがいつまで

もなくなれへん。先生お祓いできるやろ、

お祓いして!」

 

私はここで、

 

「いやいや、僕は霊媒師じゃないし、そんなこと

無理、ムリ!!」

 

と、言ってしまってはAさんの立場はどうなる

でしょうか?

 

Aさんは治療者としての私の能力をAさんなりに

拡大解釈して私にお願いしているのです。

 

 

私に対して、霊媒師的能力をもっていると評価

してくれているのです。

 

そのAさんの気持ちを拒否してしまうことは、

贈り物を送ってくる人に対してその贈り物を

拒否するような、それに近い行為になってしまう

と私は感覚的に思いました。

 

 

感謝の気持ちを込めて贈った贈り物が拒否

される・・・・。こんな失礼なことはありません。

 

ですので私は、Aさんの世界観の中の霊媒師に

なることを引き受けました。

 

「いいですよ、その場所を教えてください。

明日の朝、いっしょに行きましょう。

その時には塩をもってきてください。」

 

翌日、治療院は9時に開院しますので8時半に

現場で待ち合わせをしました。そして、小さな

交差点の現場に盛り塩をして、残りの塩を現場に

まき、手を合わせました。

 

 

Aさんも一緒に手を合わせていました。

儀式はこれで終わりです。

 

私はAさんに

 

「お祓いしました。もう大丈夫ですよ、手首の

痛みはなくなるはずです。安心してください」

といいました。

 

その後Aさんとは、いつも通りに会話をしています

が今回の件についてのお話はありませんでした。

手首の痛みについて再度訴えることもありません

でした。

 

今回の出来事がAさんの中でどのように解釈され

たのか?

 

 

その後手首の痛みはどうなったのか?

 

 

 

私の推測は次の通りです。

 

Aさんは自らの感性から転倒した小さな交差点で

霊の力を感じた。その後に手首にいつもとは異な

る感覚を覚えた。この感覚と霊の存在とが結び

つき、手首の感覚が霊によるものという認識に

至った。

 

そして、霊による体調不良はお祓いをしなくては

いけないと考えた。

 

自分の身の回りの人間で手短にお祓いができる

能力をもっている者がいるかを考えたところ、

小川なら霊媒もするだろうと考えた。

 

小川に頼んだらすんなりと引き受けてもらえた。

 

お祓いをすることで手首の痛みの原因を取り除く

ことができたと思えた。

 

心が安らいだ。

 

原因がなくなったので手首の痛み感覚も気に

ならなくなった。

 

この推測は、私がAさんの外側から行った解釈で

あり、Aさん自身は実際に起こった霊媒の生々し

い現実を経験されているはずです。

 

 

その経験の記述には私の知識や文章力、そして

Aさんの情報も足りませんので今回は行いません。

(この記述はどうも簡単ではなさそうです(汗))

 

Aさんの社会文化的で個人的な経験に支えられた

考え方やその考え方のもとに解釈される手首の

痛み、そしてその痛みが霊媒によって解消

した・・・・。

 

 

この霊媒にまつわる痛みの解消ストーリーは

原因がわからない痛みの治療と癒しの原型で

あるように思います。

 

現代医学的に解釈できない症状は主観的に感じら

れるものです。最近では社会文化的な価値観や

その人の人生のなかの価値観から生じるその人

しかわからない痛みをスピリチュアルペインと

いうそうです。

 

そのような痛みは現代医学的に解釈できないの

だから現代医学的な治療はできない、意味がない

のです。偶然に意味が見出されることもあると

は思いますが。

 

では何を指標として治療を行うべきでしょうか?

 

答えはなかなか導き出せないでしょう。

 

しかしただ一つ、指標とするべきは対象となる

患者さんの主観ではないでしょうか?

 

つまり、患者さんの主観がどのように創り上げ

られていて、その患者さんは何に価値を置くの

か?現在の症状はどのような価値観や意味の

もとに創り上げられているのか?

 

これらのことに切り込んでいくことでその人に

対する治療の指標が得られるような気がします。

 

むずかしい問題ですが。

 

と、ここで終わります(笑)

 

ろうそく2

 

(おわり)

 

小川鍼灸整骨院

病院で診てもらったけど楽にならない!自分の

痛みはだれにも分からない!心療内科でも診て

もらっているけどよくならない!

 

とお困りではないですか?そのような首、肩、

背中、腰、ひざや足の痛み、手術後の痛みを

当院は頑張って根気よく治療します。

大阪市平野区加美北1-1-11です。

 

南巽リハビリデイサービス たすく

小川鍼灸整骨院に併設している

リハビリデイサービスです。

一生自分の足で歩きたい!

自分の今後に心配!

という方、是非ともご相談ください。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分