58. 呪術的な治療とその効果(在日韓国老人Aさんの例)

2015年8月のブログです。ホームページ移設

のためにここに移動しました

 

 

私は信仰という人間活動に非常に興味があり

ますが、私自身特定の信仰をもっていません。

 

 

また、超能力やいわゆる霊感なども全くないと

自分では思っています。

 

このような私ですが、あるとき患者さん(以後A

さんとします)から次のようなことを言われま

した。

 

「先生、私自転車に乗っててあそこの小さな

交差点でこけたんやけど、あの場所に何かとり

ついてるねん、そのせいか手首の痛みがいつまで

もなくなれへん。

 

 

先生お祓いできるやろ、お祓いして!」

 

ブログの短い文章だけではAさんを変人扱いして

しまいそうですが、私はAさんがなぜこのように

表現したのかがわかるような気がします。

 

当時Aさんは85歳ぐらいでした。年齢の割には

元気なほうです。しかし、話がかみ合わない時も

よくありました。なぜなら私とは生まれ育った

環境が全く違ったためです。

 

Aさんは在日韓国人1世。幼い時に両親と一緒に

日本へ来ました。当時の日本は大正時代です。

 

 

 

まず、今の日本とは全く違います。在日韓国人

の1世の方たちは偏見や差別を受けながら日本社会

の中で精いっぱい生きました。私の主観ですが、

そのような環境の中では特に自己主張をしっかり

しないと生活していけなかったと思われます。

 

 

それに加えて本来自己主張の強い民俗性ときて

います。これまた、現在の日本人の感覚とは

異なっています。

 

特に興味深いのは、Aさんの価値観です。Aさんは

すべてのモノには魂が宿っていると考えています。

 

 

 

精霊信仰を持っていたのです。日本の大阪周辺で

育っているはずのAさんが精霊信仰をもっている

理由は何でしょうか?

 

私が考えるには、ご両親の考えや教育を通して

Aさんにも精霊信仰が宿ったのだと思われます。

韓国は儒教の国で先祖や年長者を尊ぶ習慣が

あります。

 

だから法事などの祭事ごとは伝統としてしっかり

と受け継いでいます。自分たちの伝統を守り、

それに誇りを持っていくことが当時、日本社会に

溶け込むことができない彼らにとっての生き方

だったのでしょう。

 

 

民俗的アイデンティティというものです。

 

Aさんを含む当時の在日韓国人の人たちは偏見や

差別の中でアイデンティティを堅持するために

儒教的考えを貫き、親の教えに忠実になり、

自分たちの世界観を維持してきたのだと

思います。

 

 

 

私の想像ですよ(笑)。

 

そこに来てAさんは精霊信仰に通じるような興味

深い経験をたくさんされています。

 

私が効いたお話の一つは次のようなものです。

 

親類が入院していてお見舞いに行ったら、すごく

ニンニクの臭いが強い看護ヘルパーさんがいた

そうです。

 

 

その人に、なぜそんなに臭いのかとAさんは質問

しました。

(聞くところが非常にAさんらしい!(笑))

 

 

 

すると、そのヘルパーさんは、

 

「病院は霊がたくさん住みついている。この霊に

とりつかれないためにニンニクを常に持ち歩いて

いる」

 

と答えたそうです。

 

Aさんは

「なるほど、韓国の法事料理ではニンニクを使わ

ないことがしきたりになっているが、ニンニクを

使うと霊が下りてくることができないからか!」

 

と自分の既存の知識を再解釈し、そのヘルパー

さんの言葉に強く納得したそうです。

 

 

それ以来Aさんは財布にニンニクをいつも忍ばせ

ています。

 

その他Aさんは、人生の分岐点(商売を始める、

引っ越しをする、子供が結婚するなど)には韓国

の占い師にみてもらうこともよくしたそうです。

 

 

チョムジェインと呼ばれる霊媒占い師によく

占ってもらっていたようです。

 

霊を意識することが日常になっているのですね。

 

と、このような歴史的、社会的、経験的な背景を

お持ちのAさんが冒頭のお言葉を発することは

普通にあり得ることなのです。

 

また、普通の会話で話が通じないことが多いのは、

私たちが大前提としている事柄がAさんの大前提

ではく、またAさんが大前提としている事柄が

私たちの大前提とは異なるためなのです。

 

私たちのコミュニケーションは暗黙の大前提の上

に成立しているのですから・・・・

 

長くなってしまいました。今回は呪術的治療を

求めたAさんの紹介で終わってしまいそうですね。

 

このようなAさんに対して私は治療を行いました。

 

(次回につづく)

 

おなか痛人形

 

 

肩こり腰痛、特にぎっくり腰の治療は得意です。

膝の痛みもお任せください!変形性膝関節症

ですか?何とかします!

 

 

大阪市平野区加美北1-1-11に構える

鍼灸整骨院です(笑)。

 

小川鍼灸整骨院

南巽リハビリデイサービス たすく

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分