4年続いた肩こり頭痛・吐き気の改善例【大阪 平野区 生野区 整骨院 肩こり 頭痛 吐き気 鍼】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は4年間続いた肩こり頭痛吐き気が7回の鍼施術で改善したPさん(ペインスケールは10→0)について報告します。

 

 

小川鍼灸整骨院大阪市の平野区生野区にまたがる加美北地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

 

 

事例

 

 

Pさん:  60歳 女性 職業 事務職員

 

 

 

主訴:頭痛 肩こり 吐き気

 

 

4年ほど前から肩こり頭痛吐き気が特に強くなってきた。クリニックのリハビリに行っていたが肩周りに低周波治療をしてくれるだけで効果を感じなかったのでやめた。

 

 

肩こり頭痛吐き気があまりにも強い時には近くのもみほぐしに行っていたが、それでも症状に変化がないため「脳に原因があるのでは?」と不安になりMRIをとったが異常はなかった。

 

 

 

更年期障害も考えて1年ぐらい治療を行ったがそれも効果がなかったため、を受けたいと考えてネット検索して当院にたどり着いた。以前に膝に水がたまった時にでよくなったため、に対する印象は良い。

 

15年前に胃がんの経験あり。身体に対する漠然とした不安がある。例えば、「今でこんなに不健康なのに老後の自分はどうなってしまうのか?」など。

 

 

また最近はコロナ禍により会社の景気も悪くなり、「職を失うのではないか?」という不安もある。

 

 

施術と結果

 

 

施術と認知行動療法的なかかわりを8回(週に1回)行い、

 

痛みは10から0になりました。

 

 

 

以下は経過の概要です。

 

 

1回目:

医学的に原因が見つからないことからストレスなどの心理的な問題に気付きが得られることで症状が改善することを説明すると喜んでおられた。治療前の苦痛度を10とする。

 

 

2回目:

1回目の施術の翌日に少し頭痛。その後に頭痛なし。週に2~3回あった頭痛が1回だけ少しの頭痛なので効果ありとみなす。苦痛度は6と評価した。

 

 

3回目:

仕事がハードだったので全体的にしんどい感じ。でもいつものように頭痛が出てこない。症状がない時期が長くなれば良くなりそうに思うと話した。苦痛度は6。

 

 

4回目:

3回目の施術の後に少しだけ頭痛があったが長引かなかった。吐き気もない。足が軽い感じがする。「先生に調子が良いといってもらえたら自信がつく」と話す。この時点で苦痛度は4。

 

 

5回目:

自分が体の状態に対して敏感になっていたことに気付き、できるだけ意識を体に向けないように指導する。この時点の苦痛度は3であり、症状は軽減している。

 

 

6回目:

「できるだけ意識を体に向けないように頑張ろうとしたが、そもそもしんどい週ではなかった」とのこと。つまり、忙しくって体に意識を向ける暇がなかったことにPさん自身が気付いた。このタイミングでマインドフルネス瞑想を行った。この時点での苦痛度は2。

 

 

7回目:

肩こりは全くないわけではないが、そんなに感じない。マインドフルネス瞑想を寝る前に行っている。寝付きがよく、睡眠の質も高くなっているように感じる。Pさんはこの時点での苦痛度を0として症状がないと表現したが、8回で治療を終了するのは不安と話した。

 

 

8回目:

先週1週間は1回だけ調子が悪いと感じたが、薬を飲むと大丈夫だった。マインドフルネス瞑想を行い、運動も継続できている。苦痛度は0のまま。次回の施術を1ヵ月後とした。

 

 

施術メニューはこちら

↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

 

診立てと考察

 

 

初診時のPさんの症状は、重くだるい肩こりがあり、週に2~3回やってくる頭痛吐き気に4年間も悩まされていました。

 

 

しかし、理学的検査の陽性所見は見当たりません。頚椎の可動域は正常で運動痛もなく、頚椎症を疑わせる変性がまだ少ないと感じられました。

 

 

それにもかかわらず、肩上部と頭項部の痛みを訴えて時には吐き気もすると場合には、心理社会的な背景が影響している可能性があります。

 

 

そしてPさんからお話しを伺ううちにPさんが体に対する不安を強く持っていることがすぐにわかりました。

 

 

例えばPさんは、頭痛が起きそうなときにはこれ以上痛くなっては困ると前もって鎮痛剤を服用するとのことでした。

 

 

つまり、まだ痛みが出ていないうちにもう痛みが出ている現実と直面しているのです。

 

 

そして、痛みが出ない状態は、そのまま放置しても痛みが出なかった可能性があるにもかかわらず、「鎮痛剤を服用したから痛みが出なかった」と解釈されるのです。

 

 

このような、まだ痛みが出ていないうちから痛みに対処することを恐怖回避思考とか、破局的思考などといいます。

 

 

 

初診時にこのことについて触れてみたところ、今までの自分の不安や症状、そして検査をしても異常がなかったことについてPさんは非常に腑に落ちたようです。

 

 

ですので、まずは施術で肩こり頭痛吐き気を小さくして、意識が体に向かないようにすることで、痛みが小さくなり、だからさらに意識が体に向かなくなり、だから辛くないというループを作ることができます。

 

 

 

そして、不安を生み出す頭痛が出てきそうな感覚や肩周りの違和感にできるだけ意識を向けないようにPさんには努力してもらいました。マインドフルネス瞑想はこのような症状に対してうまく利用できれば施術の効果を更に高めてくれます。

 

 

また、Pさんが感じた「腑に落ちる」という感覚を「気付き」と言い換えることもできますが、この気付きが症状の改善には重要な役目を果たしていると考えられます。

 

 

 

 

ご自分の症状に気付きを得ることで癌患者さんの痛みが軽減することもよく見られるほどなのです。

 

 

結果として、グラフに見られる通り4年前から続いたPさんの症状は0になりました。

 

 

 

しかし、油断はできません。Pさんの不安は長い時間をかけて少しずつ出来上がったものですので、2ヵ月間の施術ですべて解消するというには時期尚早です。

 

 

今後は月に1度の施術を行っていくこととなりました。もちろん、だけではなく認知行動療法的なかかわりも治療として行います。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

 

おわりに

 

 

https://www.google.com/maps/place/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E9%8D%BC%E7%81%B8%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/@34.6436602,135.5543889,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xb601f267c6693c67!8m2!3d34.6436602!4d135.5543889

 

大阪市の平野区生野区界隈で、長年続く肩こり頭痛吐き気にお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を肩こり頭痛吐き気の施術に応用していています。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院です。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

執筆担当は小川でした。

経歴、プロフィール

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院はコロナウイルス感染に対応中です。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

 

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

※内容につきましては、プライバシーに配慮して、話しの構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを加工しています。

 

 

参考文献

 

 

蓮尾英明:がん患者の筋筋膜性仏痛に対する心身の気づきを用いたアプローチ. バイオフィードバック研究,44 巻,第 2 号,2017.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjbf/44/2/44_77/_pdf/-char/ja

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分