36.腰痛が意味付けによって創られる③

2015年7月のブログです。ホームページ移設

のためにここに移動しました

 

 

前回述べたように腰痛の原因はある程度分か

っているとされています(現代医学的に解釈

できている)。

 

 

 

現代医学的には老化が基盤にあり、誰にも起こり

得ることなので病気といえるかどうかも微妙な

ところで手の施しようがないという扱いです。

 

 

 

仮に腰痛を椎間板や椎間関節の老化と捉えると

すればそれは、皮膚のしわや髪の毛のしらがと

同じことといえます。

 

 

ただ、違うことは腰椎の変性には痛みが伴う

ことと、しわやしらがのように目に見えないこと

です。

 

 

目に見えて痛みを伴わないしわやしらがでさえ

人によっていろいろなイメージや意味付けが

行われますが、痛み感覚を伴い目に見えない

腰痛はさらにイメージや意味付けが広がるで

しょう。

 

 

 

この腰痛のイメージや意味付けに対して、科学的

な視点を強く持つお医者さんはうんざりしている

のだと思われます。

 

 

 

話を聞くのに時間もかかるし、自分が受けた

医学教育の内容とは全くかけ離れた内容の話を

続けることは時に気分が悪くなるのでしょう。

 

 

お医者さんにとって自分に理解できないお話は、

馴染みの自文化ではなく全く馴染みのないの

異文化の言語と同じものだからです。

 

 

幼少期から努力してやっと身に付けた医学理論

とはまったく異なる理論をお医者さんは、普通

は受け入れないでしょう。

 

 

 

さらに現代医学の領域には病気がどのような

要因で起こるのか、どんな人に起こりやすいのか、

どんな環境で起こるのか、起こったらどうなる

のか、放置してどのような経過をたどるのか、

という病気自体を研究する「疫学」という学問

領域があります。

 

 

 

この領域では、いわゆる普通の腰痛の自然経過

はおおむね良好ということになっているのです。

医学的な解釈のもとには腰痛は日にち薬で治る

という雰囲気があります。

 

 

 

これまで述べたことをまとめると、

 

・老化が基盤とする異常に対しては感染症や

怪我のように治療効果をあらわすことは難しい、

 

・患者のイメージや意味付けが腰痛を作り上げ

ている、

 

・疫学的に腰痛は自然経過が良好であるために

時間と共に症状は軽くなる、

 

ということになります。

 

 

 

上記のことを理由にお医者さんはいわゆる腰痛

を軽く捉えるようです。

 

 

 

だからやさしい顔だけ表面にだして、表面的な

あいづちだけして、最終的に、

 

「では、お薬と湿布だけだしておきましょう。

痛みが続くようでしたら2週間後にまた来て

ください。はい、お大事に」

 

といって診察室から患者さんを追い出すのです。

 

 

やさしい顔で。

 

 

あ、話の内容が脱線していることに気付きました。

 

 

では、上記のような医師の態度を逆手にとって

みてはどうでしょうか。以下のように。

 

 

・医師が大丈夫というのだから医学的に放置して

おいても大きな問題が起きることは考えにくい

 

・だれでも痛みを感じた時にはイメージを広げ

て腰痛を創り上げることをする。このことは

異常なことではない。

 

・疫学研究という領域ではいわゆる腰痛はひどく

ならないことが多いということを統計学的に示し

ている。

 

 

 

最後の「統計学的に」という表現は、数字の上

ではということであり、実際に私(患者さん

自身)にひどいことが起こらないということでは

ありません。

 

 

 

しかしこれらのことは、腰痛が実は大丈夫な

ものである可能性を示しているといえるのでは

ないでしょうか?

 

 

 

つまり注目すべきは自分の腰痛がどのように

イメージされ意味付けされて創り上げられた

なものなのかに興味をもつことだと私は考え

ます。

 

 

 

次回は具体的にどのように自分のイメージに

気付くことができるのかを考えてみようと思い

ますが、書くのは簡単なんですよね。

 

 

 

実行するのが非常に、ひじょーに難しい!

 

 

 

でも、痛みに飲み込まれるよりは考えてみる

ことに価値はあるでしょう!

 

 

 

とりあえず、うんちくをならべてみますね!

 

 

 

まずは私が影響を受けた精神医学者、アーロン・

ベックの「認知療法」からイメージや意味付け

にしばられた腰痛に陥りやすい患者さんを説明

しようと思います。

 

 

 

そこから気付きのヒントがあればいいのですが。

 

 

そうそう、ここでは「腰痛」と表現しましたが、

基本的には検査をしたけれども痛みの原因が

わからない痛み全般に言えることだと思います。

 

 

 

また、原因が体にはないけれども精神に問題が

あるとされる病気は精神疾患といわれますが、

ここではとりあえず入院が必要とされる重度の

精神疾患と診断された方は対象外とさせて頂き

ます。

 

 

 

理由は私が重度の精神疾患の患者さんを治療

した経験がないためです。

 

 

 

どうぞご了承ください。

 

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%b9

(つづく)

小川鍼灸整骨院

 

南巽リハビリデイサービス たすく

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分