1回で治った首から背中の痛み【首の痛み 背中の痛み 大阪 平野区 生野区 筋膜リリース】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は首から背中の痛みが1回の施術でなくなった事例を報告します。

 

 

内容につきましては、個人が特定できないように加工しています。

 

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南西、平野区生野区の境目、加美北地区にある鍼灸整骨院です。鍼灸・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を施術に応用していています。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院は新型コロナウイルス対応中です。喚起とマスク装着はもちろん、消毒を徹底的に行なっております。当院は予約制ですので混雑もありません。「3つの密」に対する対策をしっかりと行なっております。

 

http://www.korikori.com/blog/covid-19-info/

 

 

事例 

 

Vさん:  27歳 男性 職業高校教師

 

主訴:首の痛み背中の痛み

 

来院の1週間前に首に違和感を覚え、来院当日は朝の起床時にも痛みを感じ、このまま頭痛を感じそうな痛みに変わってきている。

 

Vさんは「一度痛みを感じると痛みがつづき、その痛みが強くなってくる」と話しました。

 

Vさんは草野球をしており、最近はバッティングフォームを変えたそうで、右打ちのVさんは素振りをする際に左方向に強く向くようになったそうです。それが首の痛み背中の痛みの原因と考えていると話してくれました。

 

 

問診と診立て

 

 

来院時には安静にしていると痛みは感じないとのことです。ただ、じっとしていて首を動かす際には鋭い痛みを感じるといいます。動かして痛みの出る方向は、首を左にいっぱい動かすと動きの最後の方で首の左側と背中に痛みを感じます。

 

 

また、天井を見るように首を後ろに反らすと左の背中に痛みを感じます。手のしびれもありません。5番目と6番目の背骨の出っ張り部分を強く押えると他の部分とは違った痛みを感じます。

 

 

 

この症状は典型的な頚椎の椎間関節の痛みであると解釈できます。このことをVさんに丁寧に説明して治療を行ないました。

 

 

以下のブログではより詳しく解説していますので、ご参照ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/blog/senakanoitami2/

 

 

施術

 

 

筋膜リリースと整体

 

施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

Vさんは首から背中に痛みを感じていますが、その様な症状の場合でも、全身に施術を行なう事があります。姿勢に関係する筋膜は足の裏から始まり、踵(かかと)からふくらはぎ、太ももの裏側、骨盤、背骨を上がって頭蓋骨の後頭部から顔面にたどり着くからです。

 

 

 

 

首の痛みで背中から首の筋膜が癒着を起こしていれば、全身につながっている筋膜は全体的に歪みが生じます。だから踵から頭部までの筋膜リリースと整体として全身の関節を可動域いっぱいに動かし、筋膜をしっかりと引き延ばしました。

 

 

結果

 

 

施術後、Vさんの痛みはかなり楽になり、十分にやりこなせる程度の痛みに変化しました。

 

 

考察

 

 

Vさんの痛みは筋膜を整え、首の関節をしっかりと動かすことでかなり軽減されました。そして直後にはかなり楽になったと喜んでくれました。

 

 

Vさんは治療後にその効果を実感してくださいましたが、私は治療前のカウンセリングの時点で効果を予測することができました。その理由として、Vさんが私の説明を非常に興味深く聞き入れ、「なるほど!」と腑に落ちる場面が多くみられたからです。

 

 

例えば、Vさんの首の痛みは頚椎の5番目、6番目辺りの左の椎間関節にあると話したのですが、椎間関節は首を回す際に、主に45°以上で動く関節なんです。

 

 

首の回旋の45°(左右で90°)までは第一頚椎と第二頚椎がつくる環軸関節が動きますので、椎間関節はその後に上から順番に動くということです。

 

 

左に強く向くようにバッティングフォームを変えたVさんは、そのために痛みが誘発され、自分がその動きを普段以上によく行なっていることを自覚していたので、「なるほど」と腑に落ちたのでしょう。

 

 

また、天井を向くような首を反らす姿勢は、椎間関節に負担がかかる姿勢です。この姿勢で背中の痛みが出る場合は椎間関節が痛みの原因と考えることができるのですが、そのことにも非常に納得できたようです。

 

 

 

 

Vさんの痛みは、日常生活が妨げられるほどの痛みではないということです。しかし、この原因がわからない痛みがあるときは、「もしかしたらこの痛みがどんどん大きくなって頭痛にまで発展してしまうのではないか?」という不安を大きくしてしまいます。

 

 

また、そのような不安は首に意識が集中してしまい、首の痛みを大きく感じさせてしまいます。

 

 

意識と痛みの関連についてはこちらのブログをご参照ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/blog/itamitoisiki/

 

 

今回の受診でVさんはカウンセリングの間に自分の疑問が納得出来る形で解決できたのでしょう。そのような心理的な反応が筋膜リリースと整体の効果を更に高めてくれたのだと思います。このようなことはよくあることなのです。

 

 

私たちはこのような心理的な効果を引き出すためのかかわりを、認知行動療法的なかかわりとよび、この効果を積極的に引き出すように努めています。

 

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

 

 

 

おわりに

 

https://g.co/kgs/hzsd8b

 

大阪市の平野区生野区界隈で首の痛み背中の痛みでお悩みの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにあります。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分