頚椎椎間板ヘルニア[ヘルニア 手のしびれ 治療 小川鍼灸整骨院]

首から肩の痛み、腕の痛み、手指のしびれ、手に力が入らない

 


 

概要

 

椎間板ヘルニアは腰部に発症することが多い病気ですが、頚部(首)でも発症し、

 

首や肩の痛み、しびれなどが傷害された部位に応じて現れます。

 

 

 

 

椎間板とは

 

頚椎とは首にある7つの骨(椎骨)のことで、頭を支える働きを持っています。

 

椎骨と椎骨との間には、椎間板という軟骨があります。

 

椎間板の中心には髄核というゼリー状の物質があり、その外側を繊維輪という固い繊維の層に囲まれた構造をしています。

 

椎間板は、首に加わる衝撃を吸収したり、動きを滑らかにしたり、安定性を出したりしています。

 

 

 

 

原因

 

椎間板の変性は20歳代に始まり、加齢とともに髄核中の水分が減少し、クッション性を失います

 

また、繊維輪も亀裂が入り、その際に何かの拍子で髄核が飛び出すことがあります。

 

これが椎間板ヘルニアです。

 

発症年齢は40~50歳代に多く見られます。

 

 

 

 

症状

 

椎間板の後部には脊柱管があり、脳からつながる神経の束である脊髄が通っています。

 

また、椎骨と椎骨の間にできる隙間である椎間孔という孔(あな)からは、脊髄から枝分かれした神経(神経根)が出ており、

 

この神経が体の各部に伸びています。

 

 

椎間板ヘルニアでは椎間板の変性によっておこる神経の炎症から来る痛みに加えて、

 

ヘルニアによって、脊髄神経根圧迫されることにより、しびれなどの症状が出現しますが、

 

どの神経が圧迫されるかによって、その症状が異なります。

 

 

 

 

神経根症状

 

首から肩、肩甲骨、肩甲骨周辺の痛み

 

・後頭部の痛み

 

・腕の痛みや手のしびれ

 

・圧迫された神経が支配する部位の痛みやしびれ(主に片側に出現)

 

・上肢の脱力

 

 

神経根症は多くの場合、首から肩、肩甲骨にかけてと肩甲骨周辺の痛みで発症します。

 

 

枝分かれした神経は腕から指先へと伸びており、その神経根が圧迫されることで痛みが現れます。

 

また、一般的に腕の痛みや手指のしびれは片側に現れます。

 

神経学的所見は、筋力や腱反射の低下、知覚障害がよく見られます。

 

 

 

脊髄症状

 

・細かい動作が出来ない(巧緻傷害)

 

・階段を下りにくい

 

・走れない

 

・手足のつっぱり

 

・尿や便が出にくい(膀胱直腸障害)

 

 

椎間板ヘルニアによる脊髄症は、脊柱管狭窄症といった脊髄症と同様の症状を示します。

 

 

多くは手指の痺れで発症し、両側同時、或いは左右いずれかに生じた後に遅れて両側となる例が多く見られます。

 

 

 

進行すると、手足のもつれや巧緻傷害、やがて、足のもつれや走れなくなるといった痙性歩行が出現し、

 

足先や下肢のしびれ、さらに悪化すると膀胱直腸障害が出現します。

 

 

神経学的所見は上肢に筋力・腱反射の低下、知覚障害が見られ、下肢は腱反射の亢進と知覚障害が見られます。

 

 

 

 

治療法

 

神経根症に関して、多くの場合、基本的に保存療法で症状の改善がみられます。

 

 

日常生活動作では、首への負担を減らすことが大切で、特に首を後ろへそらす(後屈)などの動作は圧迫が強まって、

 

痛みが増強されるため控えるべきです。

 

 

一般的に4ヶ月を経ても上肢や手指に痛み、しびれが強く残り、仕事や日常生活で困る場合には手術を考えることになる場合もあります。

 

 

脊髄症に関しては、保存療法で様子を見ながら治療を行い、

 

徑性歩行や膀胱直腸障害など重篤な脊髄症状が出現すれば手術を考えることになる場合があります。

 

 

 

 

おわりに

 

椎間板ヘルニアは老化で生じる為、日常で出来るだけ負担をかけないことが重要です。

 

また、発症しても、それが神経根症なのか脊髄症なのかを見極めることは今後の治療や対応を考える上で重要です。

 

安心・信頼できる先生に診てもらうことが重要ですね。

 

 

 

 

『首から肩の痛み、腕の痛み、手指のしびれ、手に力が入らない』

 

という症状でお困りであれば

 

 

 小川 鍼灸 整骨院 へご相談ください。

 

しっかりと診させていただきます。

 

06-6755-6751

 

 

 参考文献

 

田中靖久:頚椎椎間板ヘルニア.最新整形外科学大系,第11巻.7章変性疾患.中川書店,1999,p 264-p272

 

千葉一裕:頚椎椎間板ヘルニア.肩・腰・ひざの痛み,日本放送出版協会,1999,p 44-p47

 

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分