鎮痛剤のお話

ホームページ移設のために以前の記事をアップさせていただいております!

以下は2012年8月の記事です

 

こんにちは!今日は鎮痛剤のお話をします。

 

 

鎮痛剤、有名なのはロキソニンとかボルタレンとか言われる薬です。

膝が痛いときに処方されたり、腰が痛いとき、肩が痛いとき、歯痛の時、

頭痛、生理痛の時、全身の痛みの時に処方されます。

 

 

「膝にきく薬がなぜ歯に効くの?」と多くの患者さんは思われるようですね。

 

 

それが効くんです(笑)。

 

 

炎症を抑えた結果、痛みが小さくなるという薬なので、基本的に免疫応答

としての炎症があれば効くわけです。だから細菌感染による炎症の結果起こる

熱も下げるのです。

 

 

便利な薬ですね。

 

ではコマーシャル

 

 

肩こり、腰痛、ぎっくり腰でお困りの方はどうぞご相談くださいね。

小児鍼も施術していますので、夜鳴き、かんむしでお困りの

お母さんもご相談ください!また、手術をして悪い部分は治ったと

言われるけど、まだ傷みがある!とお困りの方もご相談くださいね。

さらに、更に、「病院で診てもらったけど原因がわからない」

「病院でもよくならない」「もっと説明してほしい」とお考えの方も

どうぞご相談くださいね

 

 

小川貴司

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分