足裏アーチの崩れ[外反母趾 内反小趾 開帳足 足底筋膜炎]

偏平足、アーチが下がった

————————————————————————————————————————————————————-

 

足を支える3つのアーチ

 

人は安定して立つ時には、親指の付け根、小指の付け根、踵の3点に体重が乗っています。

 

この3点を結ぶ弓状のラインをアーチと呼び、それぞれ

 

 

内側縦アーチ(いわゆる土踏まず)、外側縦アーチ、横アーチという3つのアーチがあります。

 

人はこの3つのアーチが絶妙なバランスを保つおかげで、走ったり、歩いたり、安定して立てたりしています。

 

 

 

足裏アーチの役割

 

アーチの役割は大きく分けて3つがあります。

 

1. 歩行時の衝撃を吸収し、膝や腰への負担を軽減するクッションの役割

 

2. 親指の付け根、小指の付け根、踵の3点で体重を支え、安定性を高め、バランスをとる役割

 

3. ばねの役割をだして、親指の付け根で蹴りだし時の推進力を高める役割

 

 

 

足裏アーチが崩れると

 

内側縦アーチが崩れる → 足先が長くなる:偏平足

横アーチが崩れる → 横幅が広がる:開張足

 

このようなアーチの崩れにより、偏平足開張足がおこり、外反母趾、内反小趾、足底筋膜炎などになる可能性が高まります。

 

 

 

 

原因

 

アーチは骨、筋肉、靭帯で構成されています。

 

靭帯の役割はアーチを構成する骨同士をつなぎとめること、つまり関節の安定性を高めることです。

 

そのため、靱帯が伸びたり、ゆるくなったりすると、関節は不安定になり、アーチ構造が崩れてしまいます。

 

 

では、どんなときに靱帯が伸びたり、ゆるくなったりするかというと、

 

運動不足、体重の増加、不適合な靴、加齢があげられます。

 

 

 

 

おわりに

 

アーチ崩れは靱帯が伸びたり、ゆるくなったりすることで生じます。靱帯は一度そのように破綻すると、完全に元には戻ることはありません。

 

アーチ崩れの治療においては、原因を解消しつつ、

 

筋力トレーニングによる関節の補強

DYJOC(ディジョック)トレーニングによる関節位置覚の向上を図ることが重要です。

 

 

 

『偏平足、アーチが下がった、外反母趾 内反小趾 開帳足 足底筋膜炎

 

という症状でお困りであれば

 

 大阪市 平野区 加美北 1-1-11

 

 南巽駅 から 徒歩1分

 

 小川 鍼灸 整骨院 へご相談ください。

 

しっかりと診させていただきます。

 

 06-6755-6751

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分