足根洞症候群の治療【注射 リハビリ】

小川鍼灸整骨院のブログです。今日は雨が降ると思ったのですが、大丈夫でした!

ちょとむしむししますね。

 

さて、今日の話題は足根洞症候群です。聞き慣れない病名ですね。

説明しましょう。

 

足根洞症候群は足関節捻挫や骨折の後にギプス固定をした後に起こる疾患です。

 

足根洞は「足の目」とも言われる部分で、ここには体の重心をとるために必要なセンサーが感覚受容器として沢山存在します。ちょっと話が難しくなりそうですね。足根洞は写真の通り、外くるぶしの前方にあるくぼみのことです。

私たちは目をつぶってもまっすぐに立つことができていますよね。それはなぜか?私たちは目で見て平衡感覚のバランスをとっていますし、耳の奥の三半規管というとことろでバランスをとっています。それに加えて、足関節や膝関節、股関節、そして筋肉の付着部である腱の部分に感覚受容器があり、この感覚受容器が体重や体の傾きに反応して平衡感覚のバランスをとっているのです。

 

足関節は特に足根洞と呼ばれる部分にそのセンサーが多く存在しています。だから「足の目」といわれるのですね。

 

このセンサー、バカになってしまう事があるのです。原因など詳しくはまだよくわかっていないらしいのですが、長期間の足関節の固定や体重をかけないこと、また長期間の痛み感覚が足根洞のセンサーをバカにしてしまうようです。

 

こうなってしまうと、なんだか足首が不安定に感じたり、何かの拍子にズキッと鋭い痛みに見舞われたり、ずーっとだるい感じがあったり、また、でこぼこ道を歩くことができなかったりということになります。

 

多くは長い時間使わないことによって起こるようです。

 

治療方法は基本的に保存療法です。まずはステロイドと痛み止めの注射を足根洞部に行います。この注射で痛みや異常がなくなれば、足根洞症候群であることが確定します。その他、リハビリとしては関節の感覚を鍛えるトレーニングを行います。片足立ちやバランスボード、可動域訓練、筋力トレーニングなどですね。

 

痛みに対する治療としましては、鍼灸治療も行います。

 

当院では足根洞症候群に対してもしっかりと治療を行う事ができます。

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口徒歩1分のところにあります!

 

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分