足底腱膜炎

踵の痛み ランニングによる痛み・動き出しの踵の痛み

 

 

 

 

足底腱膜とは、踵骨(かかとの骨)から足指の付け根まで張っている膜のように薄く幅広い腱です。

 

 

「足底腱膜」の役割は足が地面に接地した際の衝撃を吸収する「アーチ構造」にクッション性を出す

という重要なものがあります。

 

 

この部分に過剰な緊張が加わり、足底の踵部や内側、中央部に痛みが生じる状態を足底腱膜炎といいます。

 

 

陸上競技や、近年のジョギングブームに乗って、この疾患もよく見られるようになりました。

 

 

痛みは慢性的な痛みで出てくることが多いのですが、なかには1回の外傷で足底腱膜が断裂することもあります。

 

 

 

原因

 原因として、スポーツによる使いすぎ、長時間の立ち仕事、体重増加、偏平足、ハイアーチ、

足関節の柔軟性が低い、不適合な靴が主な原因として考えられています。 

 

 

 

症状

好発部位は踵骨部付近土踏まずで、症状として、起床時の歩行時痛があり、初期はこの痛みは消失します。

 

進行すると、歩行時痛が常に出現するようになります。 

 

 

 

治療法

多くの例で保存療法がまず選択され、薬物療法(消炎鎮痛剤)・注射(局所麻酔)・ストレッチ・足底板があります。

 

急性期は局所の炎症を抑えることが重要で、休息(スポーツの休止)が必要です。

 

時に痛みを和らげるために、消炎鎮痛剤や注射を用います。

 

効果的なものに、アキレス腱や足底腱膜のストレッチがあります。

 

 

やり方は、足関節を足の甲の方にまげ、更に足の指を手指やタオルで後ろにまげる運動を行います。

 

また、足の形にあった靴を履くようにし、足底板を装着することも効果的です。

 

 

足底板の使用により荷重時にアーチを下から支えて足底腱膜にかかる緊張を和らげます

 

また歩行時の接地面積を大きくして足底にかかる負荷を軽減します。

 

 

歩行時の痛みがあると、普段の生活も苦痛になってしまいますね。

 

 

足底腱膜炎を疑ったら、つらくなる前に専門家への受診をおすすめします。

 

 

 

 

踵の痛み ランニングによる痛み・動き出しの踵の痛みで悩んでいる方は

 

 大阪市 平野区 加美北 1-1-11

 

 南巽駅 から 徒歩1分

 

 小川 鍼灸 整骨院 へご相談ください。

 

 06-6755-6751

 

 

 

参考文献

宇佐見則夫:足底腱膜炎.最新整形外科学大系,第23巻.10章スポーツによる足関節・足部の障害・外傷.

中川書店,1999,p.414-417

 

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分