論文紹介:肩こりの心理・身体的特性【平野区 ストレス 肩こり 加美】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は、「大学生における肩こりの心理・身体的特性について ─自覚的ストレス,STAI,SF-36,唾液コルチゾールによる検討─」という論文を紹介いたします。本日も大阪市の平野区加美地区、平野区と生野区の境目、地下鉄南巽駅近くにある小川鍼灸整骨院から発信します。

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

 

内容

 

 

 

 

肩こりで困っている人は沢山いるのに、この領域は科学的な研究があまり進んでいないとされています。そこで筆者らは、肩こりの心理的、身体的特徴について詳しく調べてみることにしました。

 

対象は、男子大学生23名を肩こり群(13名)と非肩こり群(10名)です。

 

肩こりの定義は、「頸より肩甲部にかけての筋 緊張感(こり感)、重圧感、および鈍痛などを総称」としました。

 

これらの対象に対して、1)肩こりの評価と、2)心理的要因の評価を行ないました。

 

心理的要因とは大まかにストレスと捉えて良いでしょう。

 

1)肩こりの評価の項目は以下の通りです。

 

a)肩こりアンケート:肩こりの有無、発症時期、発症要因、肩こりの部位、肩こりを感 じる頻度・時間帯、随伴症状としました。

 

b)肩こり感:10㎝の横棒線(以下VAS)の一番左を「肩こり感なし」「筋緊張感な
し」「不快感なし」「鈍痛感なし」として、一番右を「最大の肩こり感」「最大の筋緊張感」「最大の不快感」「最大の鈍痛感」として、自分の症状が横棒線のどの当たりにあるのかを、主観的に評価しました。

 

c)圧痛、硬結所見:肩こりに関連する主な筋である僧帽筋上部線維、僧帽 筋中部線
維、頭板状筋、肩甲挙筋、菱形筋を対象に評価を行ないました。

 

 

2)心理的要因の評価は以下の通りです。

 

a)自覚的ストレス度:自覚的なストレス度の評価にはVASを用いて、左端(0 mm)
を「ストレス なし」、右端(100 mm)を「想像しうる最大のストレス」としまし
た。

 

b)State-Trait Anxiety Inventory(以下STAIと略記):STAIは状態不安20項目と
特性不安20項目の計40 項目から構成されています。

 

c)MOS 36-Item Short-Form Health Survey( 以 下 SF-36と略記):SF-36は「身
体機 能:RF」「日常役割機能(身体):RP」「体の痛み:BP」 「全体的健康感:GH」「活力:VT」「社会生活機能: SF」「日常役割機能(精神):RE」「心の健康:MH」の 8つの尺度があり、得点が低ければ健康度が低く得点が高ければ健康度が高いことを表します。

 

d)唾液コルチゾール:ストレスにより神経内分泌されるコルチゾール を客観的な
ストレス度の指標として用いました。

 

 

結果と考察

 

 

身体的な原因として、

 

肩こりの部位はこれまでの研究と同様に、肩上部が最も多く、後頭部や肩甲骨の内側に多かったということです。

 

 

VASの結果は、筋緊張感と鈍痛感のVASの関係性が見いだされ、筋緊張が起こっている感覚と鈍痛が肩こり感をつくっている可能性がわかりました。

 

 

圧痛や硬結(硬くなるとこと)について、首から肩の上のを押さた時の痛みについて、肩こり群と非肩こり群の間で差がありました。しかし、押して硬く感じるかどうかについては差がありませんでした。この硬結については、これまでの研究でも肩こり群の方が硬くなるとか、硬くならないとか、研究によっても差があり、意見の一致が見られていません。

 

 

心理的な要因については、SF-36とSTAIそれぞれの質問指標で、肩こりを感じる人は自覚ストレス度、不安度が高く、精神的な健康度が低いことがわかりました。また、これまでの研究と同様に、肩こりを感じる人はそうでない人と比べると、生活の質(QOL)が低い傾向にあることが分りました。また、肩こりとストレスを示す唾液コルチゾールの関係について、今回の研究では肩こりとストレスの関係は明らかになりませんでした。

 

 

その理由として筆者は、性周期の影響を除外するために今回の研究対象を男性のみにしたことが要因であり、肩こりとストレスの関係は女性に多いことから、男性学生のみではストレス肩こりの関係が見いだせなかったことを挙げています。

 

 

 

当院の見解

 

 

上記の報告と私の経験を照らし合わせていろいろ考えてみたいと思います。

 

患者さんが感じる肩こりの部位は、今回の論文で取り上げられている部位、つまり、後頭部、頸部から肩甲骨の上、肩甲骨の内側とほぼ同じです。やはり、この部分の痛みを訴える方は多く、そして後頭部の痛みがそのまま頭痛につながる患者さんも少なくありません。

 

筋肉が硬くなるという自覚については、患者さんは多く持っていると思います。ただ、実際に硬くなるかどうかもここで述べられている通り、別問題だと思うのです。

 

主観的に硬く感じる部分が実際に硬いのか?これは別問題で、自分が硬く感じるところが痛みを感じるところということでしょうか。

 

どちらにしても、肩こりは主観的感覚と非常に密接に結びついています。

 

このことは、心理的な要因でも明らかになっていますね。

 

ストレス(不安)や健康度を検査する質問紙票においても、肩こりと心の問題が関係することが示されていますね。面白いが、肩こりを感じる人の生活の質が低いということです。これは、心理的なストレスなどが生活の質を低下させており、その様な人に肩こりが多いのか、

 

それとも、肩こりが原因で気分がふさぎ込み生活の質が下がってしまうのか、二通り考えられると思うのですが、私は前者の方だと思います。

 

ここでも、心理的な問題と肩こりの問題が関係していることが伺えました。

 

やはり、肩こりとストレスが関係しているのですね。

 

しかし難しいのは、このことを患者さん自身が自覚していないということなんです。

 

ちまたでは、背中の歪み、骨盤の歪み、ストレートネック、姿勢などが第一の原因とされ、姿勢や筋肉に原因を求めすぎて、心の問題を軽視してしまうということが本当によく起こっています。

 

姿勢や筋肉に対するアプローチがリラクゼーションにつながって心の問題を軽くしてくれるということはあります。

 

しかし、根本的な解決になりませんよね。自分が何にストレスを感じているのか、自分の思考の傾向はどうなっているのか、自分を引いてみることができれば、心も身体も楽になっていくと思います。

 

小川鍼灸整骨院では、肩こりにつきましてまずは背骨や姿勢、筋肉の状態をしっかりと見極めるようにします。

 

 

治療は筋膜リリースや整体、鍼灸治療を主体に行ないます。

 

そして、必要な患者さんにはカウンセリングとして認知行動療法を行ないます。

 

カウンセリングを希望されない患者さんに対しては、治療の中で認知行動療法的なかかわりを通してご自身の心理的な問題に気付きが得られるように支援します。

 

私たちはこのような患者さんとのかかわりを、認知行動療法的なかかわりと呼んでいます。

 

 

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区加美地区、生野区界隈で肩こりの痛みでお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。当院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

 

 

参考文献

 

 

松浦悠人 他):大学生における肩こりの心理・身体的特性について ─自覚的ストレス,STAI,SF-36,唾液コルチゾールによる検討─.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/onki/79/2/79_119/_pdf/-char/ja

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分