慢性疼痛について【腰痛 肩こり 大阪 平野区 慢性疼痛 整体 鍼灸 筋膜リリース】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は、「慢性疼痛の捉え方—腰痛治療からみえてきたもの—」という論文を紹介いたします。

 

 

この論文を取り上げた理由は次の通りです。それはこの論文が『慢性的な痛みは「からだ」と「こころ」と「文化」が関係している』という内容を取り扱っており、その内容は当院が行なう治療の考え方と一致するからです。どこにいっても良くならない腰痛肩こりなどの慢性疼痛は、「からだ」の問題に対してのみ整体筋膜リリースなどの治療を行なうだけなんですね。

 

 

当院どこに行っても良くならない慢性的な痛みに対しては当院でも、鍼灸筋膜リリース整体などの治療を行ないますが、認知行動療法的なかかわりを通して「こころ」と「文化」(社会)の問題についても触れるようにしています。

 

 

でも、難しいのはそのようなかかわりを好まない患者さんもいらっしゃるのです。「こころ」の原因や「文化」(社会)の原因を設定する考え方はまだまだ一般的にはなっていないのですね。だから「どこに行っても良くならない」とお困りの患者さんがまだまだ多くいらっしゃるのです。

 

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南西、平野区と生野区の境目にある加美北地区にあります。最寄りの駅は地下鉄千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところです。北巽は一つ手前の駅です。北巽ではなく南巽で下車してくださいね。北巽から南巽までは徒歩で15分ぐらい歩きますよ。だから間違えないでくださいね。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院を目指しています。

 

当院の施術メニュー↓↓↓

http://www.korikori.com/blog/%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e8%a1%8c%e5%8b%95%e7%99%82%e6%b3%95%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%82%8a%ef%bc%88%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%80%80%e5%b9%b3%e9%87%8e%e5%8c%ba%e3%80%80%e7%94%9f%e9%87%8e/

 

 

執筆担当は小川です

http://www.korikori.com/staff/

 

 

内容

 

 

腰痛肩こりは、一生に1度は陥る疾患であり、その原因は背骨の老化(変性)にあるとされます。

 

 

背骨(頚椎・腰椎)の椎間板、椎間関節、それを支える靭帯などの老化(変性)が慢性的な痛みを大きく関係しています。

 

 

背骨は体を支えながら(安定性)、それでもしなやかに動く必要があり(可動性)、そして脳から全身へとつながる神経の入れ物(神経の保護)としての3つの役目を果たしていますが、これらの役目が老化によって果たせなくなり痛みが出てきます。変形性腰椎症や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の3つの疾患は腰椎の老化(変性)によって引き起こされるものですが、これらが関連しあって腰痛は出てきます。肩こりも基本的には同じことです。

 

 

 

 

しかし、頚椎や腰椎の老化(変性)はすべての人に起こるものですが、痛みを感じないという人もいます。また一度強い痛みを感じてもまた痛みのない状態に落ち着くこともあります。だからレントゲンやMRIでひどい変形やヘルニアがあったとしても全く痛みを感じないという人もいます。ここが腰痛の複雑なところです。

 

 

 

 

また、MRI検査では「見えすぎる」ことが問題になることもあると筆者は指摘しています。

 

 

どういうことかというと、詳しく見えすぎた「異常」がかならずしも痛みと関係しているとはいえないということなんですね。だから詳しく説明されてしまった患者さんが本当は痛みの原因にはなっていない異常に見えるMRI画像を気にしすぎて不安が大きくなりすぎてしまい、結果として症状を大きく感じてしまうということがあります。

 

 

またこれとは別に、腰痛はうつ病を併発しやすく、これとは逆に精神疾患と腰痛の関係性も指摘されています。

 

 

さらに、まじめ気質、潔癖、恥の感性を特徴する日本人の気質とされる日本人の国民性が腰痛を慢性化させることも指摘しています。

 

 

例えば、腰痛で休職しなくてはならなくなった人は、しっかりと休養をとって完全に治ってから職場に復帰することを求められ、それがプレッシャーになってストレスを感じたりすると、職場に復帰することが難しくなったりします。

 

 

 

 

このように腰痛は精神的な不安定さと何らかの形で関連していることから、職場や学校に復帰できなくなることもあります。ここには、実際にある腰痛としての「からだ」の問題に加えて、個人の「こころ」の問題、さらに「文化」(社会)の問題が複雑に絡み合っており、この複雑さが症状を慢性化させて「慢性疼痛」となってしまうことがあるのです。

 

図で示すAさんは、実際に「からだ」の問題としてのヘルニアに対して、不安などの「こころ」の問題を引き起こし、さらに早く復帰しないといけない、会社に迷惑をかけてしまうという日本人のまじめ気質や恥の「文化」が「こころ」と関係を持つようになっています。

 

 

 

その他この論文では治療におけるエビデンスについても言及されています。

 

 

例えば慢性腰痛患者さんが比較的良く好む腰椎の牽引は治療としての科学的根拠に乏しいとされています。コルセットなどもよく分っていないとされています。

 

 

ここでは同じく鍼治療やマッサージの効果についても否定的に書かれていますが、この論文が後悔されたのは2008年であり12年前ですので、その後に鍼灸やマッサージが慢性腰痛に効果的である論文は出てきていますので、ここは否定させてください。

 

 

 

当院の見解

 

 

腰痛肩こりについてはその痛みの原因の割合によって治療の方法は変わります。「からだ」の問題が最も大きい1のタイプでは医療機関での検査が必要になります。

 

 

 

2のタイプでは、「からだ」の原因に対処しながら「こころ」の問題にもしっかり対処して今ある痛みを小さくする必要があります。

 

 

 

 

3のタイプでは、「からだ」の原因の割合が極端に小さいことから「こころ」や「文化」に対するなんらかの治療法が必要ですが、「文化」に対しては治療するというよりは自分の解釈を整えると考える方がしっくりときます。「こころ」に対しては自分の考え方が痛みを感じにくい他の人と比較してどのように違っているのかを考えることは有用です。

 

 

 

しかし多くの人が受ける現状の腰痛治療では、腰痛の原因を「からだ」だけに求める傾向にあります。

 

 

だから「からだ」以外のところに原因がある患者さんの痛みは、なかなか治りにくいということになります。

 

 

この現状を痛みで苦しむ患者さんにご理解頂く事は非常に難しい問題です。なぜなら、多くの人は痛みの原因は「からだ」にだけにあると強く思い込んでいるためです。そしてこの思い込みは「こころ」の問題や「文化」(社会)の問題についてはなんとかく分っていても、具体的にどのように対処すればよいか全く分らないから起こると考えられます。

 

 

当院ではまず身体に対する治療を、鍼灸施術・整体筋膜リリースを用いてしっかりと行います。

 

 

そして、症状がある程度落ち着いてきたところで「こころ」や「文化」(社会)の原因について患者さんとお話しするようにしています。このような会話を当院では「認知行動療法的なかかわり」と呼んでいます。

 

当院の認知行動療法的なかかわりにつきましては、以下のリンクをご参照ください。

 

認知行動療法的なかかわり

http://www.korikori.com/blog/%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e8%a1%8c%e5%8b%95%e7%99%82%e6%b3%95%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%82%8a%ef%bc%88%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%80%80%e5%b9%b3%e9%87%8e%e5%8c%ba%e3%80%80%e7%94%9f%e9%87%8e/

 

 

 

ご相談・お問い合わせはこちらから↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区、生野区界隈で肩こり腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、ヘルニア、手術後の痛みでお悩みの方は是非とも当院にご相談下さい。鍼灸筋膜リリース整体などでみなさまの痛みを施術します。当院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。当院へは平野区、生野区以外にも、東住吉区や東成区、八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などからも患者さんが来院されています。

 

 

参考文献

 

 

金森昌彦:慢性疼痛の捉え方—腰痛治療からみえてきたもの—,心身健康科学4 巻 1 号 p. 18-25,2008.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhas/4/1/4_1_18/_pdf/-char/ja

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分