膝の痛みについて【変形性膝関節症 グルコサミン 平野区 生野区 整骨院 鍼灸】

はじめに

 

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今日は50歳以降の特に女性の方に多い変形性膝関節症という膝の痛みについてです。今日は頚の痛みについて、その原因や対処法について報告させて頂きます。

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の南西、平野区生野区の境目にある加美北地区にあります鍼灸整骨院です。鍼灸・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法の理論を応用して治療に用いています。

 

最寄りの駅は地下鉄千日前線南巽駅です。1番出口から徒歩1分のところです。最近は北巽と間違えて下車される方もいらっしゃいますが、北巽ではなく南巽です。北巽から南巽までは徒歩で15分ぐらい歩きますよ。だから間違えないでくださいね。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院を目指しています。

 

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

 

症状と原因

 

 

変形性膝関節症の疫学的には、中年以降の女性で肥満傾向にある方に発生しやすいとのこと。これぐらいの年齢の方で最近痛みが気になるという方は多いのではないでしょうか?

 

基本的には膝の内側に痛みを感じ、その痛みは最初は動作の開始時に痛みを感じます。

 

朝の起床時の第1歩がすごく痛いとか、椅子に座っていて立ち上がりしなに痛みを感じるとかですね。

 

症状が強くなれば、膝関節に水が溜ったり、膝関節を曲げていくと関節全体に張りを感じて関節が最後まで曲がらなくなってしまいます。

 

変形性膝関節症の痛みの原因は、膝関節の軟骨がすり減り、そのすり減った軟骨片(デブリス)が関節を包む関節包の内張である滑膜組織を刺激して、その滑膜組織で炎症を起こすことです。

 

手書きで申し訳ありません(笑)。

 

また、この炎症は、滑膜組織に張り巡らされた毛細血管から血漿成分を放出させます。ちょっと言い回しが難しいですが、このようにして関節に炎症が起こり、水分が溜ります。

 

ここでいう水か血管からしみ出た血漿成分なんですね。

 

 

対策

 

 

 

変形性膝関節症の対策としては、まず、なかなか実行に移すことは難しいのですが、ダイエットは基本です。理論的には体重が軽くなると関節面にかかる負担は小さくなります。だからできるなら実行する方がよいですね。食事制限はもちろんできれば良いですが、これが難しい。やっぱり運動で体重を落とすことをオススメします。関節の痛みはあっても、水が溜っていなければ運動することをオススメします。運動することで炎症を抑える免疫機能が働くという報告もありますので。

 

あと、筋力トレーニング。SLR(ストレート・レッグ・ライジング)という運動が変形性膝関節症に効果的ということは、2000年ぐらいからいわれてきました。以前にブログでも紹介していますね。この運動は、鎮痛剤と同等かそれ以上の効果があるといわれています。是非とも試してみて下さい。

 

 

コンドロイチン・グルコサミンについては、効果があるとか、効果がないとか、論文上でも意見が分かれるところです。分子生物学的には効果発現はしうるようですが、臨床的にその効果が認められていないというのが現状です。厚生労働省から委託を受けた情報発信サイトによると効果があると明確には言えないという見解が紹介されています。確かに微妙なところではありますが、当院では、「いちど飲んでみてはどうでしょうか?と提案するようにしています。2ヵ月程度のんで効果が感じられなかればやめれば良いと思います。絶対的にこうかがある薬などありませんし、最初から「効かない」と思っていたら効きそうなものも効かないものです。コンドロイチン・グルコサミンもおなじこと。いちど利用してみて印象が良く、副作用を感じないのであれば、利用しても良いと党員は考えます。

 

 

当院での施術

 

 

当院ではまず、どの程度の受傷度かをしっかりと診立てます。関節に水が溜っていたり、腫れが強い時には、まず関節の水を抜くことをお勧めします。当院では水をぬくことはできませんので提携先の病院を紹介させて頂きます。

 

 

病態の把握の元に、当院で十分に施術ができる範囲の状態であることを確認できれば、積極的に施術を行ないます。

 

鍼灸が効果的と考えられる患者さんには、鍼灸を提案させて頂きます。鍼灸施術は効きそうな患者さんとそうでない患者さんがいらっしゃいますのでそのところの見極めが必要です。当院のホームページで解説しています。

 

 

鍼灸の詳細はこちらから

http://www.korikori.com/menu/

 

 

オイルマッサージで関節に溜った水を吸収させる方法も行なっています。ローズマリーカンファーというアロマオイルは関節の炎症を抑える効果があるといいう研究があります。その研究結果に従って当院では、中等度の関節水腫に対してはアロマオイルマッサージを行なっております。

(以下のURLはオイルマッサージによって痛みがなくなった患者さんの事例です)

http://www.korikori.com/blog/%e8%86%9d%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%bf%e3%81%ae%e6%82%a3%e8%80%85%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%90%e5%a4%89%e5%bd%a2%e6%80%a7%e8%86%9d%e9%96%a2%e7%af%80%e7%97%87%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%9e/

 

 

 

その他、筋膜リリースも痛みのある関節周辺の筋肉に対して行ないます。特に関節の変形が強い場合には、前脛骨筋というすねの前にある筋肉がたくさん働いてしまうために痛みが出るのですね。この部分の筋膜にアプローチして痛みの軽減を目指します。

 

当院の施術メニューはこちらから

http://www.korikori.com/menu/

 

 

おわりに

 

 

 

大阪市の平野区生野区界隈で膝の痛み、変形性膝関節症でお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。鍼灸・筋膜リリース・整体などでみなさまの痛みを施術します。小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。北巽は一つ手前の駅です。北巽ではなく南巽で下車してくださいね。

 

 

参考サイト

 

 

厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』「統合医療情報発信サイト」;グルコサミンとコンドロイチン

https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/21.html

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分