膝が痛い人へ、杖の役割と調節について【長さ バランス 筋力低下】

 

はじめに

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

は視覚や感覚など足りない部分を補うものであり、歩行において欠かせないものです。
今日の記事では杖の役割調節について説明します。

杖の種類と役割

は大きく分けて2種類あります。

①運動機能障害者や高齢者が用いる

・荷重調節用

バランス調節用

②空間認識を補助する盲人が用いる

・白杖

 

 

①は足腰の筋力低下や痛み、麻痺による歩行問題を補助・緩和するために用いられます。

 

②は障害物の認識と道路の走行を確認するために用いられます。

 

この記事では、前者を説明していきます。

 

①におけるにはいろいろ種類があります。

 

T型杖、L型杖、3脚杖、4脚杖,、フストランドクラッチ、カネディアンクラッチ、松葉杖などがあります。

 

それぞれ体の機能状態に合わせて使い分けます。

 

詳しくまた、別の記事で紹介します。

 

杖の調節

に求められる条件としては、以下があります。

軽さ・適切な長さ・形状・材質・設置安定性

 

これら条件を満たすことで、衝撃が少なく使いやすいを選ぶことが出来ます。

 

では、長さ調節についてです。

は長すぎると歩行が難しくなり、短すぎると腕に負担がかかる上に、腰も曲がってしまいます。

 

正しい姿勢を保つためにも適切な長さが重要です。

 

適切な長さとしては、「大腿骨大転子」となりますが、専門用語となり難しいと思われます。

簡易に説明すると、背を伸ばした状態で軽く肘を曲げ、足の外側にが来る長さが目安です。

 

おわりに

杖の長さについて、良く分からないという方もいると思われます。

この記事がお役に立てればと思います。

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

06-6755-6751

 

参考文献

1)矢野 秀雄:歩行補助杖.日本義肢装具学会誌,vol.11.No.4 p.288-299,1995

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分