腰痛患者さんが治りました‼️【腰椎分離症 脊柱管狭窄症 坐骨神経痛 筋膜リリース 】

リリカトラムセットを服用していた患者さんが松葉杖をつきながら来院されました。

 

工場勤務のTさん49歳男性です。激しい腰から右下肢の痛みで来院されました。

 

Tさんは当院に来る前に2件の整形外科を受診されていました。

 

最初の整形外科で腰椎分離症と診断書されたそうです。そしてCTが必要ということで次の整形外科に紹介されました。そこでは脊柱管狭窄症と言われたそうです。

 

「先生、助けて下さい‼もうあかんわ。病院で見てもらったけど痛みが全然変われへん。先生の言うことも違うし、手術とか言われるし、何が何だか全くわからん。先生、説明できる?」

 

Tさんは以前より本当に困った時だけ来院される患者さんです。

 

痛みにも強い方だと僕は認識しています。

 

そんなTさんがリリカトラムセットを服用してもまだ痛いなんて。Tさんはちょとしたパニック状態でした。

 

お話しお伺いして、Tさんが理解出来るように状況を整理して説明しました。

 

最初の整形外科で言われた腰椎分離症がどのような状態なのか。

 

脊柱管狭窄症とはどんなものか。

 

Tさんの症状はどのように解釈できるのか。

 

どんな治療が効果が出そうか。

 

その後に筋膜リリースです。

 

すると、Tさんはすっかり安心されたのか、痛いながらも笑顔で杖なしでお帰りになりました。

 

翌週、来院された時には痛みは7割程度、その翌週は5割、また翌週は2割程度とどんどん楽になっていかれました。

 

この治療ではリリカトラムセットも使っていません。

 

でも非常に 良くなっていったのです。

 

治療はもちろん筋膜リリースです。

 

筋膜リリースがかなり効果的だったことは間違いありません。

 

しかしそれと同等にTさんの不安がなくなったことも治療効果を高めた要因だと考えられます。

 

当院は筋膜リリース鍼治療整体など確実な治療に加えて、しっかりと説明を行い患者さんに安心してもらえるように努めています‼

 

厳しい腰痛坐骨神経痛腰部脊柱管狭窄症の患者さんはどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください‼

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目、千日前線地下鉄南巽駅1番出口から徒歩1分の駅近です‼

 

 

 

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分