肩こりについて

皆様、こんにちは。

小川鍼灸整骨院のスタッフブログです。

昨日はついに平昌オリンピックが閉幕しましたね。17日間の熱戦が繰り広げられて、応援にも力が入りました。日本は冬季オリンピックで史上最多の13個のメダルを獲得しました。メダルを獲得したシーンはやっぱり感動しましたが、メダルを逃した選手たちにもそれぞれドラマがあったことでしょう。閉会式では、たくさんの日本人選手がとてもいい顔をしていたのが、印象的でした。引き続きパラリンピックも熱い声援を送りたいと思います。

ところで今回は「肩こり」についてまとめてみたいと思います。

肩こりは首や肩の周囲の筋肉が極度に緊張、疲労することにより、血液循環が悪くなるために引き起こされます。筋肉は太い1個の塊(かたまり)のように見えますが、じつは数百、数千といった筋線維(せんい)がまるで袋に入ったそうめんのように集まっていて、その中に血管や神経が通っているのです。

筋肉は弛緩(しかん)と緊張(収縮)を交互に繰り返しており、弛緩するとき栄養や酸素をたっぷり含んだ血液を取り込み、緊張するときには筋肉の運動で生じた老廃物を静脈の流れに捨てるという作業を行っています。ところが、長時間同じ姿勢をしているなど、緊張だけが長く続くと、筋肉はパンパンに腫れ上がり、中を走っている毛細血管が圧迫されて、うっ血が起きます。そうすると新鮮な血液が筋肉に行き渡らなくなり、うっ血した血液の中に老廃物がどんどん溜まってしまいます。

この溜まってしまった老廃物がこりや痛みを引き起こす発痛物資になります。しかも、そのままにしておくと、この発痛物資がさらに筋肉の緊張を高めてしまうので、症状がさらに悪化します。

肩こりを起こしやすくしている要因は3つ考えられます。

1つ目は「体格」です。

なで肩や首が細くきゃしゃな人は首や肩の筋肉が弱いため筋肉疲労を起こしやすいからです。

2つ目は「姿勢」です。

デスクワークや手芸などで長時間猫背の姿勢でいると、肩や首の筋肉が緊張するので肩こりが起きやすくなります。長時間の作業の場合は、ときどき姿勢を整え、ストレッチ体操をするといいでしょう。

3つ目は「ストレス」です。

ストレスを感じ続けることで、肩や首の周りの筋肉が常に緊張して肩こりを引き起こします。多くの人の肩こりは多かれ少なかれストレスが関与しています。適当な息抜きと就寝前にぬるめの湯にゆったりとつかって、全身の筋肉をリラックスさせることも効果的です。

 

それでも肩こり、腰痛、関節痛、神経痛等の症状でお困りの方は、当院の筋膜治療や電気治療で症状を改善させて下さいね。当院はご予約優先制ですので、まずはお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。

 

当院住所/TEL

大阪市平野区加美北1-1-11

06-6755-6751

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分