肩こりとストレスについて【小川鍼灸整骨院 ストレス 生野区 南巽】

小川鍼灸整骨院のブログです。

今日は肩こりストレスについて。

 

 

肩こりの原因が筋肉の緊張であると言えば納得される方は多いと思います。

 

 

筋肉の緊張は触れば実際に硬いと感じるので実感しやすいからです。

 

 

また、肩こりの原因が姿勢の悪さや背骨の歪みにあると言っても納得される方は多いと思います。

 

 

姿勢が悪いと指摘されれば「そういえばそうかも?」と漠然と納得されるものです。自分の姿勢に満足できていない人が多いからでしょう。

 

 

しかし、「ストレス」と言えばなかなかイメージしにくいのではないでしょうか?

 

 

筋肉の緊張は触ればなるほどと理解できます。

 

 

姿勢の悪さも自分の立ち姿を見れば、なるほどと理解できます。

 

 

しかし、ストレスに関しては、触ったり見たりできないのです。

 

 

だから、わかりにくい。

 

 

現代社会において、人は全く1人では生きていけない存在です。

 

 

何よりもまず、自分が存在しているということは、両親がいますよね。

 

 

生まれた時から両親と別で生活したとしても、両親の存在を意識せずにはいられません。

 

 

つまり、人は自分以外の誰かについて考えたり、比較したり、想いを寄せたり頭のなかで必ずします。

 

 

そんな思考のなかで、自分にとって楽しくないことがストレスになるのです。

 

 

だから、どんな人にもストレスは生じます。

 

 

でもここで、ストレスストレスとして意識出来る人とできない人がいるようです。

 

 

ストレスに長時間さらされると、体に変化が起こることは古くから知られています。

 

 

例えば、
ストレスという概念を提唱したハンス・セリエという学者はネズミに電気刺激などのストレスを与え続けると、副腎という臓器が働かなくなり、体が正常な状態を保つことが難しくなることを発見したのです。

 

 

ストレスと体との関係はその後、様々な角度からの研究が進み、ストレス状態では痛みを感じやすくなることもわかっています。

 

 

でも先ほどのべた通り、ストレスは確実にあるにも関わらず、目に見えなかったり感じにくいことから意識されにくいのです。

 

 

ここに目を向けることができてはじめて、ストレス対策をこうじることができるようになるのです。

 

 

これって簡単ではないんですね。

 

 

小川鍼灸整骨院では、ストレスについて深く知りたい‼️

 

 

という患者さんに対しまして、詳しく説明させて頂いておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線、南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります😄

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分