老人性円背[背中が丸くなってきた 腰が痛い 生野区 整骨院]

皆様、こんにちは。

 

平野区生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分にある

 

小川鍼灸整骨院のブログです

 

 

今回は「円背」という背中が丸くなった状態についてです。

 

 

 

円背(えんぱい)とは 

円背(えんぱい)は色々な原因で脊椎が後方へ曲がってしまい、

 

背中が丸く見える状態を指します。

 

骨粗鬆症を伴う高齢者や女性に多く見られ、

 

繰り返す圧迫骨折や椎間板の変性によって徐々に変化が起きます。

 

 

円背を引き起こす原因

老人性円背の原因は、

 

・脊椎圧迫骨折

 

・加齢による骨変形

 

 

があります。また間接的には

 

・骨粗鬆症などによる骨密度低下

 

・筋力低下による支持機能の低下

 

これらが重なることでもろくなった椎体に力が加わり、圧迫骨折を起こします。

 

圧迫骨折を繰り返すことで徐々に背中が丸くなっていきます。

 

 

 

老人性円背の症状

症状としては

 

・椎体圧迫骨折による腰部・背部の痛み

 

・後彎部による脊柱筋の過伸展による痛み

 

・圧迫による筋血流量減少による鈍痛や不快感

 

・内臓が圧迫されることによる食欲減退や便秘、

 

・背中が伸びづらい事による呼吸機能の低下

 

などがあります。

 

 

 

円背の治療と予防

骨の変形は一度起こると元には戻りません。

 

そのため、重要なことは現状よりも悪化させない事と予防です。

 

円背に行う保存療法として、運動療法薬物療法があります。

 

 

運動療法では、

 

脊椎の椎体に体重や前屈と言った負荷を加えない伸展運動

 

また無理のない範囲での可動域拡大運動などを行います。

 

良い姿勢を維持する為の筋力、柔軟性、可動域を維持していく事が重要です。

 

 

薬物療法では、

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)などの痛み止め骨粗鬆症に対する薬物治療があります。

 

また、骨粗鬆症を未然に防ぐ意味では上記運動に加えて、適切な食事をとることも重要です。

 

 

 

おわりに

また、老人性円背は日頃からの予防が大切になります。

 

 

生活習慣を見直したい!

 

筋力強化・可動域改善・食事改善を行いたい!

 

これ以上背中が曲がるのは嫌だ!

 

とお困りの方は

 

 小川鍼灸整骨院 へご相談ください。

 

 しっかりと診させていただきます。

---------------------

 

大阪市平野区加美北1-1-11

 

小川鍼灸整骨院

 

 06-6755-6751 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分