目のケアについて

皆様、こんにちは。

小川鍼灸整骨院のスタッフブログです。

 

春になり、日差しもだんだん強くなり

紫外線ケアが必要になってきましたね。

紫外線は浴びすぎると肌だけではなく、

髪や目にも悪影響があります。

 

最近、歳のせいか目が疲れやすくなってきました。

悲しいかな老眼も出てきました。

子供の頃からずっと目が良かったので、見えづらいのが

こんなに不便ということを痛感しています。

他にもスマホやパソコン等で目を酷使することの多い時代

目の疲れ軽減し、快適な毎日を送りたいですね。

 

 

そこで今回は、目の疲れの回復ケアについてのお話しです。

 

 

疲れた目をやさしく癒す方法について

 

*疲れがひどい場合 → 温める

 

体温より少し高めの40度前後がよいと言われています。

じんわりと温かいくらいの蒸しタオルを作って、

まぶたの上にのせ、目を休めましょう。

1回5分前後が効果的です。疲れがとれない時には、繰り返すといいです。

特に寝る前に温めるのが効果的です。

 

 

*腫れ、充血が気になる場合 → 冷やす

 

腫れぼったく感じる場合や、充血している時は、

冷たいタオルで冷やすのが効果的です。

タオルは水で濡らして固く絞ります。

ただ、冷やし過ぎはよくないので、

冷やす・温めるを交互に行うと、

血行も良くなり早く症状が改善します。

 

 

 

パソコンやスマホとの付き合い方

 

*休憩をとる。

見続けることが一番のダメージ。

画面を見つめているとまばたきの回数が、

通常の1/3~1/4に減ります。すると目の表面が乾き、

ドライアイとなり、目が疲れやすくなるのです。

できれば1時間に5分ほど休憩をはさむとよいでしょう。

スマートフォンや携帯も、時々画面から目を離して

遠くを見るようにしましょう。

 

 

*明るさを調節する

 

明るすぎるモニターは、見えやすいですが目に負担がかかります。

モニターの明るさを調整し、できるだけ周りの明るさと

差が出ないようにしましょう。

 

 

*ブルーライト対策を行う。

 

ブルーライトとは、電子機器から出ており、

可視光線の中では波長が短く、散乱しやすい光です。

ピントが合いにくくなったりします。

ブルーライトをカットするパソコン用メガネの使用したり

モニターに防止シートを貼ることがおすすめです。

 

このような目のケアをこまめにして、

スッキリ、ハッキリの毎日を過ごしたいですね。

 

目のケアと共に身体のケアをお考えの方は、

加美北にある当院にぜひお越し下さい。

当院は筋膜治療、電気治療、鍼灸治療、整体治療等

患者さんの症状に応じて、最適な治療をご提案いたします。

予約優先制ですので、まずはお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。

お待ちしております。

 

大阪市平野区加美北1-1-11

小川鍼灸整骨院

06-6755-6751

 

 

LINE@友達登録募集中!!

 

お得な情報や健康情報などを配信中です

 

友達追加ボタンを押すか、QRコードを読み取るか、

@ard6208w を検索して友達追加してください(@マークも含みます)。

 

追加後、トーク画面からスタンプを1つ送ると登録完了です!!

 

友だち追加

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分