母指CM関節症[変形性関節症 加齢変性 母指の痛み、腫れ]

親指の付け根が痛い、つまみ動作で親指が痛む、ビンのふたを開ける時痛い


 

概要 

母指は手の機能で最も大切な役割を持っています。例えば、「物をつかむ、にぎる、はさむ」という動作は親指の動きによるものです。

 

母指は3つの関節から成りますが、その中でも、特に重要な働きをするのが親指の付け根の関節であるCM関節(手根中手関節)です。

 

 

母指CM関節は第1中手骨と大菱形骨によって構成されています。

 

この2つの骨同士が、ちょうど馬の鞍のような関節面をしており、この独特なかたちにより、親指の広範囲の動きが可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母指CM関節症とは、親指の付け根の関節に起こる変形性関節症のことで、痛みや腫れ、動く範囲(可動域)の制限などを生じます。

 

 

特徴として、40歳以上の閉経後の女性や手をよく使う職業の方に多く見られます。

 

 

 

 

原因

母指CM関節症の原因として、親指の使いすぎや老化が考えられます。

 

親指は広範囲に動き、「物をつかむ、にぎる、はさむ」などの様々な動作で使用します。

 

CM関節はこうした役割を担っている為、負担がかかりやすくなっており、その反復される負担により

 

関節軟骨の磨耗、続く炎症や変形がおこり、痛みや腫れが生じます。

 

 

 

 

症状

母指CM関節症が発症すると親指の付け根周囲に痛みや腫れが生じ、悪化すると関節の不安定性が強くなり、

 

物をつかむ、にぎる、はさむ力が弱くなります。

 

 

また、運動時には捻髪音といわれる パチパチ・バリバリという音が聞こえる時があります。

 

 

検査としては、CM関節に軸圧をかけながら、中手骨を回旋させると強い痛みを再現することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療法

保存療法では関節の炎症を鎮めることが重要なため、治療の基本は関節の安静、安定と炎症を抑えることです。

 

 

そのために、消炎鎮痛剤の貼り薬、患部を固定し関節への負担を減らすための装具固定をCM関節に施します。

 

 

早期に対策をすれば、1~2ヶ月ぐらいで痛みが軽快する場合が多くみられます。

 

しかし、保存療法で効果が無い時は手術が必要になることもあります。

 

 

 

おわりに

母指CM関節症は早期対策が重要となります。

 

症状が進行してしまう前に少しでも早く、手の疾患に詳しい専門家へご相談ください。

 

 

 

 

『親指の付け根が痛い、つまみ動作で親指が痛む、ビンのふたを開ける時痛い』という症状でお困りであれば

 

南巽駅から徒歩1分の

 

小川 鍼灸 整骨院 へご相談ください。

 

06-6755-6751

 

 

 

 参考文献

藤澤幸三:母指CM関節変形性関節症.最新整形外科学大系,第15巻.8章変性疾患.中川書店,1999,p 41-p51

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分