文献紹介:頚椎のヘルニアが消える?【ヘルニア はり 整体 筋膜リリース 平野区】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は、「自然消退がみられた頚椎椎間板ヘルニアの1例」という論文を紹介いたします。

痛みで困っている患者さんにとっては、ヘルニアが自然になくなる!という事実は本当にありがたいことですね。この情報を用いながら当院では、認知行動療法的なかかわりを通し、筋膜リリース整体はり治療を行ないます。

当院は大阪市の平野区と生野区の境目、平野区の加美地区、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

内容

 

 

症例

この論文では手術予定の患者さんが待機期間中にヘルニアがなくなった1事例を紹介しています。患者さんは64歳の女性です。歩行と手指の細かい動作がうまくできないということで受診しました。

MRI上、3番目と4番目の頚椎の間にあるヘルニアが出張っており、脊髄を圧迫している画像が見られたとのことです。脊髄が圧迫されているために手術を考慮したのですが、他の部位の外科手術の後であったことから手術を待機していたところ、1ヵ月程度で症状が小さくなっていったことから手術自体を延期して、その5ヵ月後のMRIではヘルニアは消失しており、以降の再発もないとのことでした。

 

考察

・頚椎椎間板ヘルニアは、ヘルニア内に軟骨などを含むことから腰椎ヘルニアと比較して自然退縮する事が少ない。

 

・頚椎ヘルニアの脱出様式では、矢状面(縦割り)画像で上下に広がるように脱出していて、横断面で中心に脱出するヘルニアが自然退縮しやすい。

 

・今回の事例のヘルニアも上下に広がり中心に脱出するタイプであった。

 

・頚椎のヘルニアは重度の場合は早期に手術が必要となるが、中程度であれば一定期間の注意深い観察が必要。

 

当院の見解

 

 

事例の患者さんは歩行困難と手足のしびれ、麻痺が原因で病院を受診されています。痛みの訴えではありませんね。脊髄が圧迫されている場合には両手のしびれや麻痺、そして足へ走る神経が圧迫されるために歩行困難が生じます。脊髄が圧迫されるのは今回のヘルニアが真ん中に出張っているためです。これが外側に出張ってしまうと、脊髄から分岐した神経根が圧迫されてしまうために、片方の腕に症状が現われます。この場合には強い痛みを感じることが多いです。一般的なヘルニアのタイプは外側に出張って片方の神経が圧迫されるタイプですね。

 

 

今回は一度出張ったヘルニアが自然に治った!という事例を取り上げています。

 

だから一般的なヘルニアとはちょっと違ったヘルニアの紹介となってしまっています。

 

文献によると、図で示したとおり、上下に広がり中心性に出張ったヘルニアであれば自然退縮しやすいということですね。

 

頚椎においては腰のヘルニアと比べると自然退縮が少ないということですが、ヘルニアが出ていても症状を感じないという患者さんも大勢いますし、MRI画像上ヘルニアはまだ残っているけど症状が軽くなってきている事例も多くあります。

 

ですので、画像上ヘルニアが残っていても症状がなくなればそれで問題ないということなんですね。

 

ヘルニアの痛みで苦しむ患者さんのなかには、ヘルニアが出張っていることがすごく気になって仕方ないという人がいます。痛みの原因に集中しすぎることで、痛みをより大きく感じてしまうのです。

 

このような患者さんに対して小川鍼灸整骨院では認知行動療法的なかかわりを行ないます。

 

認知行動療法的なかかわりを通して上記のことをしっかりと説明するのです。

 

ヘルニアがあろうがなかろうが、結局のところ椎間板は老化によってへしゃげていきます。この事実は避けがたいことですので受け入れながら痛みを小さくするように治療しましょう。

 

また当院では、徹底的に痛みに対する治療を行ないます。

 

概ね椎間板ヘルニアをはじめとする、神経根を刺激する痛みは3ヵ月程度で終息するとされていますので、その間の痛みをできるだけ小さくして、またできるだけその期間を短くするように治療を行ないます。

 

治療の方法は、筋膜リリース整体はり施術です。

 

筋膜リリースは痛みのための緊張した筋肉とその筋肉と関係する筋膜のバランスを整えるようにして、今感じている痛みを小さくします。はり施術は患部の血流を改善させたり、筋膜リリースと同じように筋肉の緊張を改善させます。そうすることで、患部に感じる、重くだるい痛みを改善させることができます。また、はりで神経を刺激することで、神経に起こっている炎症を改善させます。整体は直接患部には行ないません。関係のある関節の調整が必要な時だけ整体を行ないます。

 

このようにして痛みの悪循環を断ち切ります。

 

 

大丈夫です。一時的には痛い時期はありますが、必ず痛みは去って行きますから。私たちがそこまでしっかりとお伴します!!

 

おわりに

 

大阪市の平野区、生野区界隈でヘルニアの痛みでお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。当院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。筋膜リリース整体はり施術・認知行動療法的なかかわりを通して、ヘルニアの痛みを治療する鍼灸整骨院です。

 

参考文献

加世田 圭一郎 他):自然消退がみられた頚椎椎間板ヘルニアの1例.整形外科と災害外科, 66 巻 4 号 p. 710-713 ,2017.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai/66/4/66_710/_pdf/-char/ja

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分