手根管症候群

朝起きた時に手がしびれる、手を振るとしびれが楽になる、指先が痛むなど

 

 

手根管とは、手首の部分にある骨と手根靭帯に囲まれた空間のことで、その中を9本の指を曲げる腱と

正中神経が通過しています。

 

この空間内で、正中神経が何らかの原因により圧迫されると、手根管症候群が発生します。

 

 

 

原因不明の特発性が多くみられますが、妊娠、出産期や更年期の女性に多く生じるのが特徴です。

 

そのほかでは、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などにもみられ、

腫瘍や腫瘤などの出来物でも手根管症候群になることがあります。

 

 

 

症状としては、指先のしびれ感と痛み、特に人差し指と中指の指の腹の部分に強くしびれが出るのが特徴です。

 

初期には、明け方や朝起きた時にのみ、人差し指と中指にしびれや痛みを感じますが、

悪化すると親指と薬指の親指側にもしびれが出てきます。

 

また、手を使いすぎたり、傘を持った時などにもしびれ感が強くなります。

 

重症化すると夜間に痛みやしびれ、親指の付け根の筋肉が痩せるといった症状がみられます。

 

また、親指と人差し指の運動が上手く出来なくなり「コインをつかむ」、「ボタンをとめる」といった

細かい作業が難しくなります。

 

 

 

診断には、母指〜薬指の親指側に限局したしびれ感と知覚低下、チネル徴候(手根管部を軽く叩くと、指先に走るしびれ感)

やファーレン徴候(手関節を曲げるとしびれ感が増強する)などを行います。

 

 

治療は、症状の程度によりますが、基本的に保存療法から開始します。

 

手の使い過ぎが原因であれば、手を使いすぎないことが重要です。

 

 

また装具療法も効果があり、しびれ感の強い夜間に装用します。

 

一旦作製すると通院の頻度が減るため受け入れられやすい方法です。

 

しかし、安静にしても回復がみられない場合、親指の筋肉が痩せてきてしびれが強い場合は

手術が選択されることもあります。

 

手根管症候群は早期に正しい治療が行われれば、一般的に良好な経過をたどります。

 

 

『朝起きた時に手がしびれる、手を振るとしびれが楽になる、指先が痛む』などの症状のある方は、

手根管症候群の可能性が有ります。

 

気になられる方はなるべく早く専門家へご相談ください。

 

手のシビレや痛みでお悩みの方は

 

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

 

南巽駅 から 徒歩1分

 

小川 鍼灸 整骨院 へご相談ください!

 

06-6755-6751

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分