慢性腰痛患者さん①【腰痛 ヘルニア はり 筋膜リリース 整体 平野区 認知行動療法】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回からは最近私が施術した腰痛の事例を、内容が変形しない程度にアレンジして、シリーズとしてお伝えしていきたいと考えています。

 

このシリーズは腰痛でお困りの患者さんに向けて書いたものです。腰痛患者さんの事例を示し、その共通点みることから、当院で行なわれているよう腰痛治療を紹介させて頂きます。

 

筋膜リリース整体で筋膜を整えたり、はり治療で痛みのコントロールを行なうことと同時に認知行動療法的なかかわりがなぜ重要なのかを強調して説明できたらと思います。

 

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の南西、平野区と生野区の境目にある加美北地区にあります鍼灸整骨院です。はり筋膜リリース整体と同時に認知行動療法の理論を応用して治療に用いています。

 

地下鉄千日前線南巽駅が最寄り駅です。最近は北巽と間違えて下車される方もいらっしゃいますが、北巽ではなく南巽です。1番出口から徒歩1分のところです。北巽ではありません。間違えないでくださいね。北巽から南巽までは徒歩で15分ぐらい歩きますよ。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院を目指しています。

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

 

事例1;40代女性Fさん。職業)事務職。

 

 

3年ほど前から強い腰痛を訴えておられ、通院されています。

 

性格的にイライラしやすく、ストレスは溜りやすいとのことです。

 

 

以前より整形外科では腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

 

私もMRIも見せてらいましたが、Fさんのヘルニアは大きく飛び出していました。

 

 

この画像はイメージです。でもこれぐらい出ていました。

 

痛みは20代のころからあったのですが、今が最も痛いということです。

 

1年ほど前には痛みがピークであり、整形外科を受診したところ手術が適応になるとの診断の元に手術を受けました(私は、自分の免疫細胞が出張ったヘルニアを食べてしまうと知っていたので止めましたが)。

 

手術の結果、非常に良くなったのですが、また最近痛みが強くなってきてきており、2回目の手術を受けようと整形外科医に意見を求めたそうです。そして整形外科医に、「前回と同じ手術はできない。するのなら腰椎固定術です」と言われたそうです。

 

 

Fさんは、ご自分でもストレスが多いことに気付いておられますが、それに対して自分で対策をとってもうまく行かないことにうんざりされておられます。

 

「分っているけれどもどうにもならないから手術でヘルニアを切り取ってスッキリしたい」というのがFさんの本音かもしれません。

 

筋膜リリースの治療効果についてはFさんは「治療したあとは楽になるねんけど、また元に戻るからなあ」とよく話してます。

 

 

考察

 

Fさんの事例は、確かに腰に痛みの原因があるのですが、そこに加えて何らかの形で心の問題が関係しているということです。

 

Fさんの場合は、ヘルニアによる痛みに加えてストレスによって痛みを感じやすい(疼痛閾値が下がっている)状態になっていると考えられます。

 

この状態が続くと、腰痛によって仕事を休む必要が出てきたりして、社会生活がうまく行かなくなることもあります。

 

このような時間が慢性の経過として長引いてしまうと、腰痛と人生は何らかの形で関連することになり、腰痛は複雑になっていきます。

 

複雑になるとは、単に腰(身体)の問題ではなくなるという意味です。

 

・仕事が満足にできない、

 

・会社との折り合い(人間関係)が悪くなる、

 

・思った通りの人生を歩めていない、

 

・痛くて動くことができない、

 

・楽しくない、

 

・満足できていない、

 

 

こんな感情が腰痛と複雑に絡み合うことになってしまうのです。

 

慢性腰痛の治療には、患部の筋肉の緊張や血流・筋膜の癒着・低下した関節可動域・炎症など、身体の中の腰痛の原因が改善する必要があるのは言うまでもありません。

 

しかし、慢性腰痛はFさんのように長い経過のなかで私生活や感情の問題と複雑に絡んでしまうために、単に身体の治療だけでは満足できる結果を得ることはできません。

 

実際に1回目の手術を行なってもまた痛みが出てきています。

 

自分が感じるストレスや腰痛についての考え方、対人関係のあり方など、ここにしっかりと向き合わないことには、感じるストレスも自分の腰痛も根本的にあ解決できないのです。

 

このような複雑な腰痛に対して効果的な治療を行なうためには、腰痛と感情の関連や腰痛に対する「考え方」に気づく必要があります。

 

そしてその考え方を変化させていく必要があるのです。そこで認知行動療法的なかかわりが必要になってきます。

 

 

 

当院では、整形外科理論や東洋医学理論、その他の理論を用いながら腰痛の程度をしっかりと把握して、はり施術・筋膜リリース整体などの施術を行ないます。

 

それと同時に認知行動療法的なかかわりも行います。

 

心と身体の療法にアプローチによって、今まで全く良くならなかった腰痛が軽くなったり、問題として感じなくなる方が沢山いらっしゃいますので、お困りの方は是非ともご相談ください。

 

Fさんに関しましては、上記のように時間はかかっていますが、筋膜リリースと共に認知行動療法的なかかわりを通してゆっくりと内面についての気付きを得る作業を進めています。

 

施術についての詳細はこちら

http://www.korikori.com/menu/

 

 

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区、生野区界隈でどこに行っても良くならない腰痛でお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。はり筋膜リリース整体などでみなさまの痛みを施術します。小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目にある加美北地区、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。北巽は一つ手前の駅です。北巽ではなく南巽で下車してくださいね。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分