慢性腰痛について④(カラダの原因 腰部脊柱管狭窄症)

小川鍼灸整骨院のブログです。

ここまでは、慢性腰痛の痛みの原因にはカラダのの原因、ココロの原因、シャカイの原因の3つがあると説明し、前々回、前回とカラダの原因について説明してきました。椎間板の変性と椎間板ヘルニア、それに坐骨神経痛でしたね。

坐骨神経痛の原因はヘルニアだけではありません。腰骨が変形して、坐骨神経が刺激される根性坐骨神経痛や、これから説明します、腰部脊柱管狭窄症も坐骨神経痛を引き起こします。

 

今回は、その腰部脊柱管狭窄症について説明したいと思います。

 

椎間板は加齢と共に変性していくと説明してきました。

 

椎間板の変性が進むと、上の椎体と下の椎体の連結がゆるくなって遊びが生じて結合が不安定になるために、椎体は安定化させようと骨棘(こつきょく)を張り出します。

(写真は右から左に老化が進んでいく腰椎の模型です。一番左の腰椎ほど多くの骨棘が見られます)

この骨棘が足の方に走っていく坐骨神経を圧迫するのが根性坐骨神経痛ですが、この骨棘が脊髄が治まっている脊柱管までを狭くするのが脊柱管狭窄症です。頚椎も同じような構造をしていますので、頚で起これば頚部脊柱管狭窄症となりますし、腰であれば腰部脊柱管狭窄症となります。

 

脊柱管は脳から全身に神経を走らせるための中心的な存在です。背骨の中にあります。だからもちろん、頚にも背中にも腰にもあるのですね。

 

腰骨の輪切りで腰の脊柱管は解く観察できます。

 

この、脊柱管が加齢によって狭くなっていくのが脊柱管狭窄症です。

MRIで見てみましょう!三角形の白い部分が狭くなった脊柱管です。上の模型で見られる楕円の脊柱管とは大違いですね。

 

症状は、腰痛はもちろんお尻から太もも、ふくらはぎへの痛みです。比較的軽症の場合は片方の神経痛が出てきますが、両側の下肢にしびれが出ることが多いようです。

また、特徴的な症状として、腰を伸ばすと痛みやしびれが強くなり、腰を曲げる(背中を曲げる)と楽になるというものがあります。

さらに特徴的なのは、間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる状態です。一定距離を歩くと、両方の下肢(ふくらはぎや太もも)にしびれや痛みが出てきます。

更に症状が進行すると、尿や便が出にくくなる膀胱直腸障害、それに肛門のまわりに熱い感じを覚えるようになります。こうなると、手術が適応になります。

 

腰痛にはいろんな原因があり、その中で老化は大きな要素の1つです。

 

老化が最も進んだ先には脊柱管狭窄症があるといえます。

 

小川鍼灸整骨院では、まずは腰痛の原因をしっかり見極めるようにしています。そして、必要な患者様には提携先の医療機関に紹介させて頂いております。

 

大阪市の平野区、生野区近辺で腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症でお困りの方は当院に是非ともご相談ください。

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります!

 

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分