平野区杭全神社「だんじり祭」

皆様、こんにちは。

小川鍼灸整骨院のスタッフブログです。

今日は、天気も良く風も穏やかですね。少し肌寒く感じますが、先週までの寒波に比べたらかなり過ごしやすいです。しかし温かくなるのはうれしいですが、花粉症の私は少しずつ症状が出て来て、目やらがかゆくなってきましたね。

 

今回も平野区の名所の一つ、杭全神社について調べてみました。

杭全神社は、全国唯一の連歌所と、だんじり祭で有名な大阪市平野区の神社です。

今回はその「だんじり祭」について調べてみました。

 

 

杭全神社の夏祭は、毎年7月11日から14日まで、四日間に亘り行われます。

期間中には九台のだんじりの曳行があり、大阪でも指折りの規模を誇るだんじり祭りとして、毎年30万人を超えるとも言われる大勢の人出で賑わいます。

 

・夏祭りのあらまし

悪疫や地震・雷などの天災を鎮めようとして、平安時代初期に始まった祇園会(ぎおんえ)が次第に祭礼としての形を整え、賑わいを見せるようになったもので、江戸時代中頃から神輿や太鼓台、だんじりを出し物とする現在の姿になりました。

祭の意義は、日頃の神恩に感謝し、神威を益々高めていただこうと神様に心尽くしの「もてなし」をするもので、太鼓台や神輿、だんじりが大勢の人に囲まれて賑やかに練り歩き、町に活気が溢れます。盛大に行事を行うことによって神威が向上し、やがて御神徳が町中にもたらされると考えるのです。

悠久の平野郷の歴史の中で、時代時代の流れを取り入れつつも、神様を戴く神輿の渡御を中心とする「神社の祭」と、だんじりの賑わいを以て神恩に報いようとする「町衆の祭」が一体となって、変わることなき根本の精神――祈る心を守り伝えています。

 

・神興について

神輿とは、言わば神様の乗り物で、普段は第一本殿にお祀りされている、素盞嗚尊の御神体をお遷ししております。夏は食中毒や疫病の流行る季節として、昔から恐れられてきました。かつて素盞嗚尊が、疫病除けの方法を教えられた故事から、この時期に神様のお出ましを仰ぎ、氏子の健康と地域の安全を祈願するものです。その年のだんじり宮入二番町にご奉仕をいただきます。

見られる時間帯

  時刻 場所
11日 午前10時頃 杭全神社拝殿前
午後3時まで町内を運行
午後3時 樋之尻橋たもと
午後5時頃まで町内を運行
午後5時頃 杭全神社大鳥居前
14日 午前10時頃 杭全神社拝殿前
午後3時まで町内を運行
午後3時 赤留比賣命神社
午後9時頃まで町内を運行
午後9時頃 杭全神社大鳥居前

上記時間外は拝殿内に鎮座されています。

 

・だんじりについて

現在杭全神社に宮入するのは、九町(野東・野南・野北・流町・市町・背戸口町・西脇・泥堂・馬場)が所有する九台のだんじりです。

弘化二年(1845)に作られた市町のだんじりが、現存する中では最も古く、また、記録に残るのは延享二年(1745)製作の馬場町の初代だんじりが最初とされています。

参考:『平成27年度杭全神社平野郷夏まつり』

見られる時間帯

  時刻 場所
12日 午前9時頃~ 各町内
午後9時45分 南港通
13日 午前11時頃~ 各町内
午後7時 杭全神社大鳥居

・見どころ

「九町合同曳行」 12日 午後9時45分  場所 南港通り

九台のだんじりが南港通に勢揃いする

九台のだんじりが勇壮な競演を繰り広げます。全てのだんじりが同時に動く様を見られるのは期間中このときだけで、南港通は多くの観衆で熱気に包まれます。

「だんじり宮入」 13日 午後7時  場所 宮前交差点~杭全神社大門前

平成25年の宮入一番・野堂北組

宮入を終え、杭全神社参道に並ぶだんじり

宮入を終え、各町が高張提灯を神前に掲げる

宮入一番町から約30分間隔、およそ4時間半をかけて九町のだんじりが次々に宮入りする、夏祭の中で最も賑わう場面です。

 

 

ここ平野区や近隣の生野区、東大阪市にお住いの方々は一度はこの杭全神社のだんじり祭りに行ったことがあるんではないでしょうか。 毎年30万人の人々で賑わうだけあって毎年物凄い人ですね。また今年もあの熱い夏祭りを楽しみにしたいと思います。

 

 

「杭全神社」

大阪府大阪市平野区平野宮町2-1-67

平野(関西本線)駅から徒歩約5分

06-6791-0208

 

 

 

平野区で整骨、筋膜治療、整体、美容鍼等の治療をお考えの方は

 

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

 

小川 鍼灸 整骨院 にぜひご相談ください!

 

06-6755-6751

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分