平野区「正覚寺」

皆様、こんにちは。

小川鍼灸整骨院のスタッフブログです。

今日も天気は良く風も穏やかですね。今日も春を思わせるような天気になりそうです。が、夕方から崩れていくみたいですね。なんか春の嵐?になるとか!今日で2月も終わりですが、2月最後は春の嵐で大荒れになるみたいです。

 

 

今回は平野区の名所の「正覚寺」について調べてみました。

「正覚寺」は加美正覚寺と言う地名にもなっていますが、「正覚寺」とはどんなお寺なのか?と思い、調べてみました。

 

「正覚寺」(しょうがくじ)

大阪市平野区加美正覚寺にある寺院です。山号は成等山(じょうとうさん)。奇数日の午前9時半と午後1時半に一般参詣できます。

 

◇歴史

天長2年(825年)に空海(弘法大師)により開基しました。かつては境内四町四方、本堂二十一間四面、不動堂七間四面、その他山門、廻廊、伽藍等巍々たる名刹で、東之坊ほか五坊を有する巨刹だったそうです。

明応2年(1493年)2月25日に畠山政長が室町幕府10代将軍足利義稙と共に正覚寺城(現在の旭神社境内)に本陣を敷き畠山義豊と対峙するも逆襲に遭い、それに荷担した細川政元が京都でクーデターを起こし(明応の政変)、諸将合わせて4万余の兵を率いて進撃、4月23日に本陣は陥落し政長は自殺、義稙は捕虜となり、寺は兵火に合い三日三晩燃え続け、寺院内の高僧や修行僧は寺院と運命を共にしました(正覚寺合戦)。以後、正覚寺は廃寺となり、現在、正覚寺旧六坊(柳之坊、池之坊、中之坊、大寺坊、揚々之坊、東之坊)のうち東之坊のみ現存し、山門の傍らに『正覚廃寺の由来碑』があります。

現在の正覚寺前に由来記板があり、そこに『天長年間弘法大師開基(中略)昭和十二年に太田上人が三晩日昭上人の夢を見て報恩のために再建を決意、昭和三十七年に完成した』と記されています。

 

 

◇主な行事

毎月1日 午前9時 月中安泰祈祷会

  • 毎月13日 午前9時 宗祖月御命日報恩会
  • 1月1日~2日 年中安泰加持祈祷会
  • 1月8日~24日 寒行
  • 2月3日 節分会 星祭
  • 2月15日 釈尊涅槃会
  • 3月彼岸中日 春季彼岸施餓鬼法要
  • 4月7日 釈尊御降誕会
  • 4月29日 立教開宗会
  • 6月1日 御更衣式
  • 8月9日 千日詣
  • 8月17日 盂蘭盆施餓鬼供養・9月13日 龍口法難会
  • 9月彼岸中日 秋季彼岸施餓鬼法要
  • 10月13日 宗祖御会式大法要
  • 11月中旬の日曜日 七五三祝祷会
  • 12月31日 歳末読誦会

◇交通アクセス

JR平野駅から徒歩約10分

平野区加美正覚寺2-9-26  TEL.06-6791-3969

 

 

平野区で整骨、筋膜治療、整体、美容鍼等の治療をお考えの方は

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

小川 鍼灸 整骨院 にぜひご相談ください!

06-6755-6751

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分