平野区 「菅原神社」

 

皆様、こんにちは。

小川鍼灸整骨院のスタッフブログです。

 

 

昨日は一日中雨でしたね。今日は晴れてお天気も良いのですが、昨日よりも8度も気温が低く北風も強いのでとても寒く感じます。

 

この寒暖差で体調を崩さないように気を付けたいですね。

 

風が強いので花粉もたくさん飛んでいて、花粉症の私にはとっても厳しい一日になりそうです💦

 

 

今回は平野区の名所の「菅原神社」について調べてみました。

 

 

 

前回、平野区加美正覚寺にある「正覚寺」「旭神社」について調べてきました。

 

今回は学問の神様で名所の「菅原神社」を調べてみました。

 

 

 

「菅原神社」

 

菅原神社(すがはらじんじゃ)は、大阪府大阪市平野区加美鞍作にある神社です。

 

近代社格では村社。参拝すれば、御朱印を頂けます。

 

創祀・創建年代は不詳です。もと天児屋根命を祀り、橘の宮と称したが、中古より天神社と称して、

菅原道真朝臣を御祭神として祀ります。

 

ただし、下記のように由緒としては天児屋根命、橘の宮は特段表れてこないです。

 

 

渋川郡竹渕郷戸主・止苅村主家麿は非常に信仰心が篤く、飛鳥時代の大化年間(645年-650年)に

孝徳天皇が長柄豊崎宮を営み、巽の方角に大将軍を奉斎した例にならい、社を設けたといいます。

 

 

当地で清水のこんこんと湧き出でて四六時中渇くことなく、これを池水に湛え、燕子花(カキツバタ)を植え、

天照皇大神降臨の霊地として崇めました。

 

このため、現在も当社は鬼門の神としても崇敬され、以前までには境内の砂を頂く風習があったといいます。

 

 

 

ところで、このカキツバタは、他産と趣きを異にし、花も黄金色を呈し、他に移し植えれば、開花期を失い、

この神明水でしか育たなかったといいます。

 

 

平安時代の昌泰4年(901年)、菅原道真は筑紫に左遷の際、道明寺に叔母を訪ねた時、

カキツバタが茂っていた当地でこれを愛でたと伝わります。

 

 

村上天皇の御代になり、北野で道真が奉斎されると、当地でも道真が祀られるようになり

江戸時代になると、大自在天満天神社とも呼ばれたといいます。

 

 

当社はかつて京都の公家高辻家より寄進された台灯籠があり、これを掲げた時には大名も下馬する

習慣があったというが、明治維新後に行方不明になりました。

 

 

明治5年(1872年)、村社に列し、明治40年(1907年)10月に南鞍作村の無格社天照皇太神社、

明治41年(1908年)10月に鞍作新家村村社菅原神社を合祀しました。

 

 

しかし、この菅原神社(天神社)は昭和34年(1959年)12月、旧地に遷り、

現在は平野区加美南5丁目の新家天満宮となっており、当社が兼務しています。

 

 

例祭は10月16日で秋祭。7月23日・24日が夏祭で、1月中旬にはとんど祭があって、

ぜんざいが、12月31日の大みそかには雑煮の振る舞いがあります。

 

境内に、商売繁昌・五穀豊穣の神として、稲荷の大神・杉丸大明神(保食大神)を祀り、

金運・恋愛の神として、白龍弁財天を祀ります。

 

3月春分の日に、稲荷祭があって、御庭火祈祷が受けられます。

 

なお、鞍作の地名については、第21代雄略天皇の時代に「鞍部賢貴」

第30代敏達天皇の時代に「鞍部村主司馬達」、第33代推古天皇の時代に「鞍作鳥(止利)などと見え、相当古いです。

 

 

◇ご利益
方除け・厄災除け、学問・受験合格、家内安全

住所]大阪府大阪市平野区加美鞍作1-5-17
[電話]06-6792-6425

 

 

平野区で整骨、筋膜治療、整体、美容鍼等の治療をお考えの方は

大阪市 平野区 加美北 1-1-11

小川 鍼灸 整骨院 にぜひご相談ください!

06-6755-6751

(大阪市営地下鉄「南巽駅」から徒歩一分)

 

 

LINE@友達登録募集中!!

 

お得な情報や健康情報などを配信中です

 

友達追加ボタンを押すか、QRコードを読み取るか、

@ard6208w を検索して友達追加してください(@マークも含みます)。

 

追加後、トーク画面からスタンプを1つ送ると登録完了です!!

 

友だち追加

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分