坐骨神経痛[神経痛 しびれ 腰椎椎間板ヘルニア 筋膜リリース]

太もも裏のしびれ、お尻から足にかけての痛み、電気が走ったような痛み

 


 

 

坐骨神経とは

 

坐骨神経は、人体の中で最大最長の末梢神経で、感覚・運動性の神経です。

 

お尻(梨状筋)から太ももの後ろ側を通り、膝の裏(膝下)で枝分かれし、名前を変えて、ふくらはぎや足先へと走っています。

 

坐骨神経が圧迫されたり炎症したりすることで、この神経の走行に沿って出る痛みやシビレなどの症状を坐骨神経痛と呼んでいます。

 

 

 

 

 

原因

 

坐骨神経痛の原因の多くは、腰部椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症で起こります。

 

ヘルニアでは椎間板、狭窄症では狭くなった脊柱管によって坐骨神経の根元(神経根)が圧迫されるためです。

 

 

他に坐骨神経痛の原因としては、腰椎分離症やすべり症、梨状筋症候群、糖尿病などがあります。

 

また、ストレスなどの原因がはっきりとしない状態での坐骨神経痛もあるようです。

 

 

 

 

症状

 

坐骨神経は感覚・運動性の神経のため、圧迫されることで、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などにしびれや知覚障害、筋力低下といった症状が見られます。

 

 

また、圧迫される神経が炎症を伴うと、ビリビリ、ジンジンする痛み(神経障害性疼痛)を感じます。

 

 

同様に坐骨神経を栄養する血管の圧迫によっても、虚血状態となり、坐骨神経の走行に沿って、痛みが出ることもあります。

 

 

症状が悪化すると、筋力低下や排泄をうまくできなくなる、膀胱直腸障害、歩行困難といった症状がでることがあります。

 

 

 

 

 

治療法

 

坐骨神経痛は、著しい筋力低下や痛み、膀胱直腸障害、歩行困難など重篤な徴候が無ければ、保存療法を中心に治療を行います。

 

 

坐骨神経痛の治療で大切なことは、原因となっている疾患を見つけ、適切な治療を行うことです。

 

 

保存療法で症状が改善されず、日常生活で苦痛が大きい場合は、手術療法が選択されることもあります。

 

 

坐骨神経痛に対しては、日常生活における腰部への負荷の軽減が予防兼改善なります。

 

 

また、腰部の筋力強化やストレッチは一般的に有効とされていますが、間違った方法で行うと、逆効果になる場合もあります。

 

 

 

 

 

おわりに

 

坐骨神経痛の症状が出ている場合には、原因となるものをしっかりと見極め、その疾患に対応した施術や経過観察が必要となってきます。

 

また、治療と平行して、適切な生活改善・筋力強化・ストレッチを専門家のアドバイスの下、取り入れることで、症状の早期改善につながります。

 

 

 

 

太もも裏のしびれ、お尻から足にかけての痛み、電気が走ったような痛み

 

という症状でお困りであれば

 

 

 

私にたちご相談ください。しっかりとした問診・検査から、適切な治療を行い、早期改善を目指します!!

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分