坐骨神経痛の原因(腰痛 椎間板 ヘルニア お灸)

小川鍼灸整骨院のブログです。

坐骨神経痛でお困りの方は多いですね。坐骨神経痛の原因はいろいろあります。

まずは概要を説明しましょう!

神経とは脳と脊髄、末梢神経のことをいいます。脳からの命令が背骨の中の脊髄を通って全身の末梢神経を伝い、全身の筋肉に到達します。それによって筋肉が動くことができるのです。反対のルートとしては、全身の感覚は末梢神経を通って脊髄に入り脊髄から脳に到達して感覚を得ることができます。

 

坐骨神経の役目は脳から脊髄を通ってきた命令を、おしりや太もも、ふくらはぎの筋肉に伝えてそれらの筋肉を収縮させたり、下肢の感覚情報を脊髄に送ることです。脊髄に送られた情報は脳に到達して下肢の感覚を得ることができます。

 

このように坐骨神経は脊髄(腰髄)と下肢の筋肉や皮膚をつなげて脳に情報を送ったり、脳からの情報を伝えたりする役目を担っています。

 

この坐骨神経が刺激を受けることで出てくる痛みや筋力低下が坐骨神経痛です。

 

刺激の原因はいくつかあります。

 

今回は腰部椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛を説明します。

椎間板はバームクーヘンのような構造になっていて、真ん中には髄核と呼ばれる流動性(ゲル状)の軟骨が含まれています。

 

バームクーヘンの部分は繊維軟骨といって強い組織ですが、ゴムが劣化してひび割れが入るように繊維軟骨もひび割れが生じます。そして、中の髄核が外に飛び出るとその飛び出たら、足へ行く神経(坐骨神経)を圧迫するのです。それでヘルニアが痛みの原因になるのですね。

当院では、腰痛坐骨神経痛でお困りの患者さんについて、まずは痛みの原因をしっかりと探ります。

そして、痛みの原因について患者さんに説明して納得してもらうようにします。

「強い痛みがあり、この先どうなっていくのかが不安でたまらない!」

とお困りの患者さんは、この説明で苦痛の半分が解消されると私は見積もっています。

そしてここからが、体に対する治療ですね。痛みが強い患者さんに対しては鍼治療を行います。

 

時にはお灸も行います。お灸を好む患者さんは、昔からお灸で治療を行っており、お灸に対して苦手意識のない患者さんです。このような患者さんにはお灸を積極的に行います。

筋膜リリースも神経痛や腰回り、おしりの部分の重くだるい痛みに対して積極的に行います。

小川鍼灸整骨院では、患者さんの坐骨神経痛を様々な手法を用いて治療しています!

どこに行ってもよくならない! しっかりと説明して欲しい! 検査をしたけど異常がない!

 

とお困りの方、一度小川鍼灸整骨院にご相談下さい。

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分