圧迫骨折の痛み

ホームページ移設のために以前の記事をアップさせていただいております!

以下は2012年5月の記事です。

 

 

久しぶりのブログアップです。

 

 

ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。次はお盆休みまで突っ走る

しかありません。皆さんもがんばりましょう!

 

 

今日は最近立て続けに経験した圧迫骨折の後に痛みを訴える患者さんの

お話です。

 

 

二人とも鍼灸治療で通っておられます。

本当にお二人ともよく似た訴えなのです。その痛みは過去に圧迫骨折を経験され、

背骨が変形しており、その痛みは絶対治らないと過去に出会った治療者に烙印付け

されていて、その烙印から逃れられないという状況です。

 

つまり、「あなたの変形はもう治りませんよ」と言われており、患者さん方

もその言葉を信じているのです。

 

確かに変形した脊柱は元の形には戻りません。しかし、変形した脊柱を持ち

ながらでも痛みなく生活されている方hなたくさんいらっしゃいます。

一方で変形はないけれども痛みを持ちながら生活されている方も多くいらっ

しゃいます。むしろそちらの方が多いぐらいです。

 

変形は元に戻らないかもしれませんが、痛みは治まり、骨折前の生活に戻る

ことは十分に可能なのです。つまり、これは「治ること」と同じことととら

えることができるのではないでしょうか。

 

 

変形は元に戻らなくとも、痛みは治まり、元の生活に戻れます!

 

 

確かに、慢性的な痛み(同じ姿勢を保つことが困難なときがあったり、動き

始めが痛いなど)はあるかもしれません。しかし、それらは十分にやりこな

せる痛みです。治療でなんとかなり

ます。

 

 

しかし、それらの痛みが「もう治らないもの」として烙印付けられてしまうと、

突然「自分の老年期人生にやってきた厄介者」として生活を支配してしまいます。

何をするにも真っ先にのことを考えながら生活しないといけないということ

になるのです。それではいけません!

 

 

圧迫骨折後の痛みで脊髄が圧迫されて手術に至る方もいらっしゃいますが、

ほとんどの方はそうではありません。ほとんどの方はやりこなせる状態にある

と思います。ただ、そのように患者さんが思えるようになるまでは、専門家の

支えが必要になります。

 

 

この支えによって、圧迫骨折後の痛みに悩む患者さんはずいぶん楽になられる

ようです。

 

 

そのようなことを最近、立て続けに経験しました!お二人とも大満足されて

います。

 

 

僕も本当にうれしいです!

 

 

コマーシャル!コピペです(笑)

肩こり、腰痛、ぎっくり腰でお困りの方はどうぞご相談くださいね。小児鍼

も施術していますので、夜鳴き、かんむしでお困りのお母さんもご相談くだ

さい!また、手術をして悪い部分は治ったと言われるけど、まだ傷みがある!

とお困りの方もご相談くださいね。さらに、更に、「病院で診てもらったけど

原因がわからない」「病院でもよくならない」「もっと説明してほしい」とお

考えの方もどうぞご相談くださいね。

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分