医療機関への紹介事例

ホームページ移設のために以前の記事をアップさせていただいております!

以下は2011年12月の記事です

 

私は日常の業務の中で、私では治すことができない患者さんや重病が疑わ

れる患者さんを医療機関に責任を持って紹介するようにしています。

 

私には、往診で診させてもらっている患者さんが数名いらっしゃいますが、

その内のお一人に慢性関節理リウマチの患者さんがいらっしゃいます。

 

ある日、

「かろうじて使うことができる左手が上がらなくなってきた」

「呼吸がしにくい」

 

という訴えを私にしてきました。左上腕は筋肉の萎縮が右と比べて極端で

した。頚椎の異常を考え、主治医に相談するようにお話しし、その日の

治療を終えました。 次の往診日にどうなったのかを聞いてみました。

 

すると、数名いらっしゃるどの主治医も自分の専門ではないということで、

しっかりと診てもらえなかったということでした。

 

実際に、2次医療機関の脊椎の専門医に一度診てもらっているのですが、

軽く問診をしただけで、問題が解決しないということでした。不定愁訴と

診たてられたのでしょう。

 

現行の縦割り医療制度が悪いとは思うのですが、特に3次医療機関の先生は、

今受け持っている症状以外の症状を診る事にわずらわしさを感じているの

でしょうか?

 

この患者さんは、かろうじて自由になる身体が少しずつ動かなくなっていく

ことをこれまで経験されてきたと思います。そしてなんとか折り合いをつけて

きたのでしょう。

 

それでもこの患者さんはいつも笑顔であり、この手の難病をわずらう方が

陥ることがある悲観的な感情を私にみせたことはありませんでした。

 

そして今回、身体が不自由になるスピードが一気に加速し、身体のみ

ならず、「生」に不可欠な呼吸までもがままならなくなってきたのです。

 

その時の患者さんの不安とは、どのようなものでしょう。きっと健康人の

想像を絶するものだと思います。

 

この患者さんと奥さんは、自分(または旦那さん)のからだに何が起こっ

ているのかを、きっちりと理解し、対処の方法があればそれを示して欲しい

という強い願望を持っていたのですが、かかりつけの医療機関ではその願望

をかなえてもらうことができなかったのです。

 

これらの事情を受けて私は、私の恩師の整形外科医を紹介しました。

そして次のようにちょっとかっこよく言いました。

「私が責任をもって田中さん(仮名)を適切な医療施設まで導きます!」

そうです。いっちゃったのです(笑)。

診察前日に恩師に電話をかけ事情を説明しました。私の恩師は、この患者

さんの事情を理解した上で、しっかり診ることを約束してくれました。

 

診察とMRI検査で1週間が経ち、緊急に手術が必要なことが判明しました。

 

先日、手術が行われたそうです。

 

患者さんは、病気が見つかり、対処法が明確になったことに感謝してくれ

ました。

 

まだ、手術が終わったばかりで経過が心配ではありますが、よくなって

くれることを祈るばかりです。

 

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分