以前のブログ: 膝の痛み2

2012年1月の記事

 

 

さあ、前回の続きをアップしますね(笑)。野村さんのお話は次のようなものです。

 

 

「去年の年末に市民マラソンで5キロほど走り、翌日に痛みが大きくなったので、整形外科へ行きました。スポーツ選手もよく診る評判のよい先生ということで、2時間ほど待ち、診察を受けました。レントゲン検査の結果、「異常なし」と言われたのでほっとしましたけど、先生はたいした会話もなく、痛い膝を触ることもなく、「野村さんね、痛いなら歩けばいいんですよ」と、そんなことも分からないのかというような口ぶりで説明されました。レントゲンをとる時に、台の上にのりましたが、その台がやけに冷たかったのを覚えています。今回の先生の診察は満足できるものではありませんでしたが、それでもお金を払って帰ってきました。その後、自分なりに養生していたら痛みは楽になってきたので、よかったと思っていたら、今日、走ってみてやっぱり痛かったんです。今日は3キロで痛みが出ました。」

 

 

なるほど・・・・

 

 

やはり、興味深い話が聞けました!整形外科を受診したけども、よくならない!というエピソードが大好物な私は、興味深いエピソードのにおいを電話の時点でかぎつけていました。

 

 

彼女は整形外科医に「異常なし」というお墨付きをもらいました。しかし、満足はされていません。

 

 

私はもっと彼女のお話を聞くようにしました。すると、つぎのようなことが浮き彫りになってきました。

 

 

「わたし、今までこれといって運動ってしていなかったんです。なんか中途半端で。この10年間は子育てに追われていたし、まとまった自分の時間なんてありませんでした。そんな自分を変えたいと思ってランニングクラブに入会したんですね。今はすごく楽しいんです。メンバーの方たちもいい人ばかりで。わたし、やっと、自分を変えることができる新しい環境を手に入れることができたんです。10年ぶりにもつことができた、主婦としての自分ではない、自分としての自分の時間です。だからこの痛みのせいで走れなくなったらと思うと・・・・」

 

 

彼女は涙を流しながらお話をしました。つまり、彼女は、ここのまま痛みが残っていると走れなくなってしまい、この大切な時間を失うことになるのではないかという不安に駆られていたのです。

 

 

私と妻は彼女のお話を、聴きつづけました。

 

 

妻は野村さんとは仲のいいお友達で普段よりいろんなことをお話していますので、信頼関係が出来上がっています。だからこのような、自分の心中を素直に話してくれたのでしょう。私の仕事場では、なかなかこのようなスムースな展開はありません。よけいに私は興味深く感じました。

 

 

お話を聴きつづけるとさらに次のような展開になりました。

 

 

おっと!ここで時間です。続きはまた後日ということで・・・・(笑)。

 

 

コマーシャル!

 

 

肩こり、腰痛、ぎっくり腰でお困りの方はどうぞご相談くださいね。小児鍼も施術していますので、夜鳴き、かんむしでお困りのお母さんもご相談ください!また、手術をして悪い部分は治ったと言われるけど、まだ傷みがある!とお困りの方もご相談くださいね。さらに、更に、「病院で診てもらったけど原因がわからない」「病院でもよくならない」「もっと説明してほしい」とお考えの方もどうぞご相談くださいね。

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分