事例紹介:首・背中の痛みの施術【大阪 平野区 生野区 整体 筋膜リリース 肩こり】

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は、子供の頃より気になっていた肩こりが、

「そうか!そう対処すればいいんだ‼️」と治療を通して納得された患者さんの事例を紹介させて頂きます。

いつものように、内容は構造が変化しない程度に変化させています

小川鍼灸整骨院大阪市の南西、平野区生野区の境目、加美北地区の鍼灸整骨院です。鍼灸・筋膜リリース整体と同時に認知行動療法の理論を応用して治療に用いています。手術後に残った痛みの治療やリハビリも行ないます。

 

最寄りの駅は地下鉄千日前線南巽駅です。1番出口から徒歩1分のところです。最近は北巽と間違えて下車される方もいらっしゃいますが、北巽ではなく南巽です。

 

北巽から南巽までは徒歩で15分ぐらい歩きますよ。だから間違えないでくださいね。小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

執筆担当は小川です。

http://www.korikori.com/staff/

 

 

事例

 

Iさん、53歳女性。職業:事務職。子供の頃から肩こりを感じるとのこと。パソコン仕事中や長距離運転中に肩こりを感じて、こうなるとイライラしてきて集中できなくなる。

 

最近は左背中に痛みも感じるようになり、単なる肩こりとは違った痛みを、寝ている時や寝返りの時にも感じるようになってきた。特に、起床時の痛みが気になる。

 

義理の父親が首の調子が悪く、最近手術をうけたが自分も同じことになるのでは?と不安を感じる。

 

 

 

問診と診立て

 

 

医学的な所見は、顎を上にした時に左背中に痛みを感じるので、頚椎が変性して左の神経の根元が刺激を受けている所見がありました。

 

姿勢は頭部が前方に変位しており、肩まわりの筋肉の緊張は高く、張っていました。

 

その他、上肢のしびれなど他覚的な所見はありませんでした。

 

その他、肩こりに対しては痛みの閾値が下がっているようにお見受けできました。

 

 

施術

 

 

施術期間は4週間、治療頻度は週に2回、で全8回、1回の治療は6400円です。

 

施術は、かかとから膝裏、骨盤、脊柱から後頭部を経由して頭部まで続く筋膜を剥がす筋膜リリースと、そこにストレッチを加えて、関節の可動域を拡大させる整体、更に、痛みに対する閾値を上げるための認知行動療法的なかかわりです。

 

 

 

結果

 

最初の3回の治療では上手く効果がみられませんでした。しかし、治療後はいつもスッキリした感じと話していました。3回目以降は徐々に痛みが小さくなり、最終的には子供のころから感じていた肩こりに対しての不可解さがなくなりました。

 

痛みは0ではないが十分にやりこなせる感じがするところまで改善しました。姿勢は大きく変化しませんでしたが治療効果は得られました。

 

痛みは最終日、4にまでさがっていました。

 

 

当院の施術メニューはこちらです

http://www.korikori.com/menu/

 

 

考察

 

 

Iさんは日々の連続単調作業や頭部の前方変位のために肩こり症状が出ていました。それらに対する筋膜リリース整体は一定の効果が得られたと思います。

 

 

しかし効果として重要なのは、Iさんご自身が、自分の中の肩こり症状とどのように付き合っていけば良いのかが学習出来たところにあると思われます。

 

Iさんはこれまで、肩こりは一生続くものだと考えていました。また、父親がそうであったために、自分も遺伝すると考えていました。

 

しかし、筋膜リリース整体を受けて直後効果を感じながら、精神交互作用の説明や、それに対する対処方法としてのマインドフルネス瞑想の理屈が理解できた時に、「なるほど対処すればできるんだ」と思えたようです。これは5回目以降のことです。

 

 

精神交互作用については以下をご参照ください。

http://www.korikori.com/blog/%e7%97%9b%e3%81%bf%e3%81%a8%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%90%e8%82%a9%e3%81%93%e3%82%8a%e3%80%80%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%80%80%e6%85%a2%e6%80%a7/

 

そして何より、

 

8回目の最終日に、紹介先の脳神経外科でレントゲン撮影を行い、それを持参下さいましたが、

 

そのレントゲン写真には左の椎間孔が変性によって狭まっており、その事を脳神経外科医に説明されたことを教えて下さいました。

 

そこで、左背部の痛みに合点できたとのことです。

 

 

レントゲンの角度は全く同じではありませんが、左側の椎間孔という神経の出る穴が右と比べて狭くなっており、これによって腕や背中へ向かう神経が刺激されていることが伺えます。

 

症状に対してガテンができる、理解できるということほ、非常に重要なのですね。

 

当院では、身体の問題に対して、筋膜リリース整体で、症状を緩和させるようにしてききますが、今回のIさんの場合はそれに加えて、認知行動療法的なかかわりが施術の効果を高めたと考えられました。

 

当院へのご相談はこちらからどうぞ↓↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

 

おわりに

 

 

 

大阪市の平野区生野区界隈で肩こりや腰痛、原因がわからない痛みでお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。鍼灸・筋膜リリース整体、時には認知行動療法的なかかわりの具体的な方法としてマインドフルネス瞑想を用いた施術を行ないます。小川鍼灸整骨院大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。北巽は一つ手前の駅です。北巽ではなく南巽で下車してくださいね。

 

当院へは平野区生野区の他に東住吉区、東成区、天王寺区や、東大阪市の渋川町、寿町、衣摺、柏田、からも患者さんが来院されています。

 

アクセス

小川鍼灸整骨院

〒547-0001 大阪市平野区加美北1丁目1-11
【アクセス】大阪市営地下鉄千日前線 南巽駅から徒歩1分